スピリチュアル

5次元とは何か?その存在を感じれば宇宙の真実が見える!

「5次元」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。スピリチュアルな世界に興味があるという人なら、一度は耳にしたことがあるかもしれません。

普段私たちが耳にするのは、「4次元」まででしょうか。4次元が耳馴染みが良いのは、某アニメのアイテムの影響でしょうね。

さてこの5次元ですが、どういう世界かわかっている人はどのくらいいるのでしょうか。多くの人がどんなものか想像がつかないこの世界。今回はそんな次元について、どういったものなのかを他の次元ともくらべながらご説明していきます。

「5次元」という言葉の意味・概念

5次元とは空間の次元が5であるということです。と言われても、なんだかわかりませんよね。次元には1から5、そして最近ではもっと高次元の次元もあると言われていますが、さまざまな種類があります。

一般的に、4次元以上を高次元と呼びます。これはあとで説明しますが、4次元以上を高次元と呼ぶのは、私たちが住んでいる世界が3次元であることが関係しているのでしょう。

この5次元という言葉は、最近では広く知られつつあり、その概念とともに広まっていっています。スピリチュアル用語としてよく耳にするせいか、スピリチュアル的な言葉であると思っている人もいるかもしれませんが、科学や物理の世界でも、この次元については研究が進んできているのです。

5次元を知る前に他の次元について知っておこう!

辞書などに載っている5次元の意味や概念を読んでみたところで、それがなんなのかは全く見当がつかないでしょう。5次元を知るためには、1次元から4次元までの世界やその成り立ちを知ることが必要になります。

それらを知っていることで、なんとなくそれ以上の次元の世界・領域がどういったものかがみえてくるでしょう。

まずは1次元から4次元までの世界がどういったものなのかをご説明していきます。そもそも次元とはどういうことをいうのかがわからない人は、まずここから勉強してみましょう。

私たちにも視覚できる「1次元」と「2次元」

まずは1次元と2次元についてです。この2つは私たちも明確に視覚や知覚することができる部分ですから、それほど説明は難しくありませんし、すんなりと理解することができるでしょう。

1次元とは線で、2次元とは面・平面です。線が見えているなら、それは1次元ということになります。面が見えたならそれは2次元です。

特に2次元はアニメや漫画の世界を「2次元」と言い表すこともあるので、理解しやすいでしょう。要は平面ということですね。そこからわかるかもしれませんが、1次元が線で2次元が平面であるということは、2次元とは1次元に次元が1つ加わって広がった領域・宇宙ということです。

なんとなく次元の意味が見えてきたでしょうか。

「3次元」は私たちが住んでいる世界

次は3次元について考えてみましょう。前述でも少しふれたとおり、3次元とは私たちが住んでいる世界のことです。3次元とは2次元に次元が加わったものですから、平面に高さができたものです。つまりは立体ということですね。

私たちがしっかりと知覚・視覚できるのはここまでになります。それは私たちの物理現実が3次元でできていて、目の前の現実としてこれを見ることができるからです。

私たちが目で見える宇宙も、3次元でできています。しかしこれはあくまで物理現実として視覚・知覚できるという意味で、実際に宇宙が3次元だという意味ではありません。

ここまではあくまで物理現実になるので、スピリチュアル的な観点からはあまり大きな意味をもちません。スピリチュアル的な考え方が関わるのは、これ以上の高次元になります。

「4次元」は「3次元」に別の次元が加わったもの

これまでと同様に4次元とは3次元に次元がもう1つ加わったものです。ここで加わるのはなんでしょうか。それは時間です。私たちに見えている領域・世界である立体の3次元に時間が加わるとどうなるでしょう。

少し考えてみてください。3次元世界では、私たちはこの次元で見えているもの・できているものに触れて、動かすことができますよね。

つまり4次元世界にもしいるとすれば、時間を超越することができるのでしょう。3次元に時間が加わったものが4次元だと聞くと、私たちが知覚できる世界は4次元と思ってしまいそうですが、時間は私たちの意思ではどうすることもできません。ですから私たちの思考は4次元にはいないのです。

もし4次元の世界にいたとしたら、時間を自由に行き来したりすることができるはずです。しかし実際にはそれはできていませんよね。ですから私たちは4次元を認識できていないことになります。そのため、こうして説明してみても、いまいちピンと来ないのです。

「5次元」とは一体どのような空間なのか?

ここまで4次元以下の次元についてご説明しましたが、ここで5次元とはどういうものなのかを考えてみましょう。4次元でも理解するのが難しいのにそれよりも上の次元となると、理解できないと思う人もいるでしょう。

確かに高次元の存在は認識できないために、理解しようとしても難しいですよね。そこで5次元とは何なのかを、言葉で説明したあとに、実際にどういったものや考え方が5次元なのかをご説明していきます。

これなら5次元という存在の意味が見えてくるかもしれません。

 

「5次元」は「4次元」にもう1つの次元が加わったもの

ここまで次元が増えてきたのと同じように、5次元は4次元にもう1つの次元がくわわったものです。ここで加わるのは、時間軸が広がった状態です。つまりは時間軸がたくさんあるということになります。

もうこのあたりで、まったくどういうことなのか見当がつかないという人もいるでしょう。私たちが1つの時間軸にいると仮定してみましょう。そうすると、その時間軸がたくさんあるということは、同じ場所なのにたくさんの事実・空間・現実が存在しているということです。

私たちが見えているのが3次元までであると言っても、それ以上の次元が存在しています。それはここに在るのです。私たちは普段そのたくさんの真実や可能性の中の1つを経験しているということなのですね。

「パラレルワールド」の考え方は5次元空間

上記の内容で、気づいた人もいるかもしれませんが、パラレルワールド(並行世界)という考え方は5次元的な領域の考え方です。パラレルワールドとは、今私たちがみている世界とは別の並行世界が存在しているという考え方のことです。簡単に言えば、どこかに自分と同じ存在がいて、少しずつ違う人生を送っているというようなことです。そして5次元的な考え方からすると、並行世界は無数に存在しているので、この宇宙には無数の自分が存在しているということになります。

ただしそれぞれの私たちは、微妙に異なる世界線にいます。もっとわかりやすく言うと、それぞれちょっとずつ違う経験をしているということです。

たとえば、今ここでこの文章を読んでいるあなたが、明日仕事を休もうかどうしようか悩んでいるとします。そしてすでにそこには、明日仕事を休んでいるあなたもいれば、明日仕事にちゃんと行っているあなたもいるのです。

なんとなく、パラレルワールドや5次元の考え方がみえてきたでしょうか。

科学の世界でも解明されつつある5次元の考え方

多くの人には、パラレルワールド・並行世界なんて考え方はまるでフィクションの世界のように感じるでしょう。実際そういったフィクションを見かけることもあるはずです。

しかし科学の世界でも、この5次元という考え方の研究が進み、徐々にどういうものなのかが解明されつつあります。そして物理学では、パラレルワールドの存在の可能性についても議論されています。

この分野については、人間がその目で知覚・認識できないということもあり、なかなかはっきりとした結論を出すことは難しいでしょう。しかし、物理学の世界でもその存在がとりあげられているということは、物理的な観点からしてもその存在を感じる事実があるということにほかなりません。

スピリチュアル的に考える5次元世界とは?

ここまでは、通常の目線で5次元という世界についてご紹介しましたが、ここからはスピリチュアル的な観点にも目を向けていきましょう。

ここまでなんども4次元以上の高次元は知覚・認識できないということについてふれてきていますが、それは物理現実として認識できないだけで、私たちの内面・意識などの中ではやろうと思えばその存在を感じることができます。

しっかりとその存在を見ることができないのであれば、スピリチュアル的な考え方からその存在を感じてみましょう。

高次元になるほど霊的な感覚・潜在意識に入って行く

スピリチュアル的な意味で「現実」と呼ばれるものは、3次元の世界です。よく潜在意識関連の話で、現実に起こっている現象に振り回されないことについて語られることがありますが、これは3次元の考え方のことを指しています。

なぜ振り回されないように言われるかというと、結局は3次元というのは実際に存在している高次元宇宙の一部しか見えていないからです。そしてその一部は実は4次元以上の高次元で起こっていることによって、結果がもたらされる世界となっています。

そのため目に見えている現実はどうであれ、本当の宇宙の姿、真実は異なるということが多いのです。

スピリチュアル界で目に見えている世界よりも、内面や内側に集中しろと言われるのは、このためです。内面や内側にこの宇宙の真実の姿があるため、実際に目に見えている現実はそこまで重要視するべきではないということなのです。

つまりは高次元になればなるほど、スピリチュアル的な、霊的な感覚や潜在意識というものが深く関わってくるようになります。

5次元とはすべてがエネルギーでできた世界とも

5次元という領域・宇宙がまったく理解できないという人は、5次元はすべてがエネルギーでできた世界だと考えてみるといいかもしれません。ポンっとエネルギーが存在しているのを思い浮かべてみましょう。それが5次元です。

この領域をもし認識することができれば、エネルギーを自由に操ることができるようになります。どんなエネルギーを受け取るのか、どうエネルギーを動かすのかという点まで、あなた自身に委ねられる世界。それがこの領域であり、私たちが存在する宇宙の真の姿なのです。

そろそろわかってきた人もいるかもしれません。なぜ潜在意識を理解することができれば、自分の人生を思い通りに動かすことができるのでしょう。それは、潜在意識の世界、本当の宇宙、そして本当の自分の姿を認識することができれば、この次元にアクセスをして思うようにエネルギーの方向を変えることができるからです。

そうすると、私たちにしっかり見えているこの物理現実さえ姿を変えていきます。そのため、自分が考えたように、望んだように現実がトントン拍子で動くようなことが起こるのです。

いつも機嫌よくいると、機嫌がよくなるようなことを引き寄せられるというのは、そのエネルギーを持っていれば、そのように5次元の世界が動いてくれるというメカニズムとなります。

5次元ではすべてが1つであり「今」「ここ」しかない

ここまでの説明でも、まだいまいちこの考え方、宇宙の真実の姿が見えて来ないという人もいるでしょう。もう1つ具体的な例を出してみます。

それは5次元的な宇宙・世界では、すべてが1つで「今」と「ここ」しか存在していないということです。しかし世界に広がりはあるため、無数の並行世界が存在しています。それらの世界がパッとそこに漂っているような感じでしょうか。

「今ここしかない」というフレーズはよく耳にするフレーズですよね。そして、それが真実ではあるものの、私たちに見えている世界では時間は一度に存在するものではなく、流れていくものなので、なかなかそれを感じることができないのでしょう。

とは言えすべてが1つで今ここしかないというのが、この世界の成り立ちです。そしてその1つのエネルギーの中に無数の可能性が存在しているとなると、なぜ私たちの思うとおりに人生を動かすことができるのか、段々見えてきたのではないでしょうか。

私たちは実際にはこの次元に存在しています。ただし目で見える物理現実はそれよりも低次元なのです。そして目に映る光景は、もっと高次元の世界から操作することが可能だということです。それがこの宇宙のメカニズムです。

まとめ

今回は5次元という考え方について詳しくご紹介しましたが、なんとなくその意味や存在についてわかってきたでしょうか。あくまで私たちが見ているものは、3次元までなので、なかなか言葉や理屈でこれを理解し認識するのは難しいでしょう。しかし、私たちはいつでもやろうと思えばこの領域にアクセスができるのです。

まずはそんな次元があるということを信じることで、そのうち認識ができるようになってくるでしょう。そこにアクセスすることができるようになれば、あなたの目に写っている現実を、どのように変化させていけば良いのかがわかってくるはずです。

ですから、まずはそんな次元領域・宇宙の定義があるのだということを信じることから始めてみましょう。あまり頭で考えることはせず、ただ自分の内面と向き合い、その存在を感じてみてください。

合わせて読みたい