チャクラ

第2チャクラは生きる喜びや感情を表現するエネルギーセンター!

第2チャクラは生命力を象徴しています。「生きる」という表現よりも「活きる」の方がしっくりくるかもしれません。すなわち「イキイキ生きる」ということです。ただ生きながらえているのではなくて、人間として、生きることに喜びを感じるという部分を司っているのです。

英語では「セイクラルチャクラ」、サンスクリット語では「スヴァディシュターナ」、日本語では「仙骨のチャクラ」ともいい、別の表現では「丹田」です。またその特徴から「性のチャクラ」という表現もあります。

この地球に生まれたからこそ、そこでの様々な喜びを受け取ることに関わる重要なチャクラといえます。

創造力にあふれた人生を可能にする第2チャクラ

第2チャクラが意味するものは、生きる上での喜び・性・創造力・感情表現・欲求など、人生を喜ばせるもの、人生を甘くするものですね。肉体的にも精神的にも、「生きるとは何か?」「何をしたらしあわせなのか?」を感情を通して学ぶことで、その欲求を目覚めさせてくれる役割が第2チャクラにあります。

つまり、とくに感情表現や性的欲求を無視したり必要以上に我慢すると、第2チャクラのバランスに影響します。人は生きている限り、求めること・欲することが必要なのですね。ですから第2チャクラの存在は、人生を思いっきり楽しむことにもつながっているのです。

第2チャクラと身体との関連性とシンボル

第2チャクラの位置は下腹部です。おへその下(おへそと性器のあいだ)あたりです。7つのチャクラの中では、下から2番目です。

第2チャクラを表すシンボルは6枚の花びらを持つ蓮の花で、その中にもう一つの蓮の花を三日月があります。色はオレンジ色です。

身体の中では、精巣と卵巣、骨盤の仙骨、丹田などとの関連が深いです。精巣や卵巣の病気であったり、腎臓・膀胱・生理痛・性的不能・不感症、うつ病なども、第2チャクラに関係している場合が多いです。また、仙骨のゆがみと、それに伴う腰痛もあげられます。

第2チャクラは「生きて動く」ことで活発になりますから、あまり体を使わずイスに座りっぱなしでいることは、骨盤や仙骨がゆがんで第2チャクラが滞ることにつながりますよ。

第2チャクラと精神との関連性

第2チャクラは欲求につながっています。欲は多方面にわたり存在し、人はそれを満たすように行動しますよね。

ですから第2チャクラは、まず人生を楽しむために、視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚などのあらゆる感覚を活性化します。食欲や性欲などもこれにつながります。また、自分が創造したことを叶えたい、望みを実現したい、感じたことを表現したい、などもすべて欲求です。

これらのような欲求に、素直に向かっていくのか、それとも何らかの原因で抑え込んでしまうのかが第2チャクラのバランスに影響します。ですから、その人の幼少期の体験などによって、「欲」というものに対する見方が変わってくることは少なくはありません。

欲を満たすことを素直に喜べるかが、第2チャクラの活性度には大事なポイントです。

第2チャクラのバランスが崩れることの影響

第2チャクラのバランスがどうその人に現れるかというと、分かりやすいのは、その人が「自分の気持ちに素直で正直に行動しているか?」とか「自信を持ってパワーが溢れて行動しているか」などです。「ありのままに元気でいるか?」のバランスがとれているかどうかです。

第2チャクラが開き過ぎれば、その考え方や行動が度を超えたものであり、閉じ過ぎれば、欲求を抑え過ぎとなります。

第2チャクラは味覚とも関連がありますから、大きく解釈すると、人生におけるいろいろな経験を「どう味わっているか」という視点から、バランスが整っているかを判断することもできますね。

第2チャクラが開き過ぎたときの状態

第2チャクラが開き過ぎたときというのは、欲求を叶えたいばかりに突っ走っている状態です。そのときは情緒不安定となります。欲求がすぐに叶わない事へのいら立ちがみえたりして、極端に言えば、「目的のためには手段は選ばない」という傾向になりがちです。

例えば夢想家のようになり、他人に対しては嫉妬心が強くなって、そのために人を操ろうという意識が生まれます。それは「自分さえ良ければ」の考え方になってくるということです。

また、性におぼれてしまう傾向もあります。人間関係において、相手を性的な側面だけを見て判断したり、性の対象としかみれなくなってきます。自分の欲求がコントロールできずに、そこから本当の満足感や喜びを得ることができません。

第2チャクラが閉じ過ぎたときの状態

第2チャクラが閉じ過ぎると、生きていて楽しくありません。それは楽しくしてはいけないという無意識な思い込みがあります。それは自分に対する過度な厳しさや、必要のない罪悪感にもよります。自分が素直に「こうしたい!」と思うことを選べなくなってしまいます。

また、肉体的には性的障害、子宮の重い病気などにかかりやすく、完治には時間を要します。恋愛やセックスに対する精神的ブロックや、性における感情表現に対しての罪悪感があることも。性に関する悦びに、心のどこかで否定的な思いが根付いている場合もあります。

第2チャクラが閉じ過ぎることで、人間として楽しんで良いことを、自分の中で「いけない」と決めつけてしまうので、おのずと楽しみ・喜びは減っていきます。ですから、自分でこれからの未来を創造していくパワーも、なかなか湧いてきません。

第2チャクラのバランスが整っているときの状態

第2チャクラのバランスが整っていると、生きていることへのやる気・情熱が湧いてきます。人生は辛く厳しく努力をしなければならいのではなく、多くを楽しみ喜びを受け取って良いものだと認識できます。自分に「やりたいこと」に向かっていって良いという許可が出せています。

美味しいものを食べ、恋愛も楽しみ、人生を思うとおりに進み、自分を祝福できるときは第2チャクラが整っているといえますよ。また、嬉しいときには嬉しいと表現し、悲しいときや怒りがあるときも、それを素直に表現できるんです。

そして、人生を楽しむ工夫ができて、何もないと思えるところにも楽しみを創造できます。ないことを嘆くのではなく、自らが道を創っていくエネルギーを得ているのです。生きる「活力」がみなぎっている状態ですね。

第2チャクラのバランスを整え活性化する方法

第2チャクラを活性化する方法はいくつかありますが、あまり考えすぎず、やり方に固執せず、気楽に取り組めると一番効果が上がりやすいでしょう。あたまを使いすぎないでくださいね。

また、第2チャクラには、幼少期時代の体験に基づくトラウマ等が影響していることもあります。異性や両親との関わりや、父と母の関係性の影響も、第2チャクラに色濃く残っていることがしばしばです。そんな感覚を覚えるときは、赤ちゃんのような、素直な自分をイメージできるとよいかもしれませんね。

体を使ってやることも、その他の方法も、うまくやろうという思いはまったく必要ありません。結果を出そうとせず、やっていること自体を気楽に楽しんでくださいね。

体を使ってバランスを整える活性法

体を使って第2チャクラを活性化するには、まずダンスはおすすめです。フラダンスやベリーダンスなど、腰回りを動かし、魅惑的・魅力的に自分を表現するんです。その形には拘らないでください。あなたの中にある新しい発想を、ぜひ体で表現してください。

また、骨盤周りや仙骨のあたりを使う体操・エクササイズも良いですよ。この付近のゆがみは第2チャクラのバランスを崩します。骨盤調整のストレッチやヨガもゆがみには効果的ですし、なにより歩くことは最優先です。歩行は自力で行うセルフ整体といえます。

そして、第2チャクラのためには感情表現が大事です。第2チャクラの滞りは、無表情をつくりやすいです。鏡を見ながら、笑う・泣く・怒る等、大げさなくらい感情を表す練習をしてみましょう。

呼吸でバランスを整える活性法

第2チャクラは腹式呼吸で活性化できます。腹式呼吸と言えば「丹田」につながりますよね。丹田が元気かそうでないかは全身に影響しますから、ぜひ腹式呼吸を生活の中に取り入れて、活力アップしましょう。

そしてもし腹式呼吸のときにイメージできるのであれば、第2チャクラのオレンジ色を思い浮かべましょう。自分自身も鮮やかなオレンジのキラキラした光に包まれているイメージです。

そしておへその下辺りの第2チャクラが、呼吸を繰り返すごとにキレイに輝いてきた感じがすれば、「わたしはわたしらしくしていいんだ!」という思いに満たされるかもしれません。呼吸法で、お腹周りから全身が温まってくることもありますよ。

ものを活用してバランスを整える活性法

アロマを活用して第2チャクラのバランスを整えられます。ジャスミン・イランイラン・シナモン・ローズ・オレンジ・サンダルウッド等、多数あります。催淫作用があるものが多いです。

また、パワーストーンで第2チャクラを整えるには、オレンジ色やオレンジがかった赤色の石を選ぶと良いでしょう。カーネリアン・ルビー・サファイヤ・シトリンなどです。

そして第2チャクラを活性化する食べ物もあり、トロピカルフルーツに多いですよ。マンゴー・パッションフルーツ・いちご・オレンジ・シナモン・バニラ・アーモンドなど。

さらに加えれば、オレンジ色系統の服・アクセサリー・小物をコーディネイトに取り入れてください。オレンジ色は視界に入っただけでも元気なエネルギーをもらえますよ。自分には派手と感じるようでしたら、ワンポイントからで大丈夫です。

まとめ

今回は、生きる喜びや感情を表現するエネルギーセンターの第2チャクラについてお伝えしました。

第2チャクラは、まさしくこの地球上で、生きる喜びを実感するためのチャクラといえますね。想像の世界に行くのではなく、その体を使って体感するのです。

自分の感情を表現すること、性を楽しむこと、自分らしさを創造すること、どれも第2チャクラのバランスがとれているときには、きっとすばらしい体験になりますよ。

今のこの世界が住みにくい・生きにくいと、過度に感じてはいませんか?そのときは第2チャクラのバランスを整えてみてください。そうすると、今生きている場所でいかにして楽しくやっていけるかを、創造できるようになります。

第2チャクラのエネルギーを、この地上でフル活用しましょう。

合わせて読みたい