運命・輪廻

運命は変えられるもの?運命の真実とは

みなさんは「運命」と聞くと、どんなイメージを持つでしょうか。「決められた定めのことで変えることができないもの」、「運命どおりにしか生きられない」。そんな風な印象を持っている人もいるでしょう。

しかし実際のところ「運命」とは多くの人が持つ印象とは異なる性質のもののようです。そこで今回は、運命というものがどういうものなのかについて、詳しくご説明していきます。運命は変えられるものではないと思い込んでいる人には、驚きの情報かもしれませんよ。

「運命」とは本当のところどういうものなのか?

冒頭のとおり、「運命」というのは初めから決まっているもので、変えられるものではないと思っている人も多いでしょう。「運命」という言葉からは、確かにそういった印象を受けますよね。

しかし実際の「運命」とはそういったものではありません。

運命というものがどういうものか知ることで、うまく「運命」というものと付き合うことができるでしょう。

まずは「運命」がどういった性質のものなのかを、さまざまな面から詳しくご説明していきます。

運命とは決められたものではなく個人の感覚

実は運命というものは、最初から決められたものではありません。私たちが「これは運命だった」と感じる出来事は、すべて個人個人の感覚によるものなのです。

例えば偶然が重なったときや、何らかの出来事が自分に特別良い影響や特別悪い影響をもたらしたときなど、私たちは「これは運命だ」と感じますよね。

しかし、実際のところは、偶然というのは日常的にたくさん起きているものです。そして、物事に対して「良い」「悪い」と判断しているのも、個人個人の感覚によるものです。

つまり私たちは、何らかの出来事について強く心が揺さぶられたり、「これは特別な意味がある」と感じたりしたものについて「運命」という属性をつけているのにすぎません。ではそれは「運命」ではないのかというと、そういう意味ではなく、「運命」というものは個人の感覚によって決まるものだということなのです。

あとから「あれが運命だった」と感じる

上記でご説明したことに、さらに付け加えると、私たちが「運命」を感じるときというのは、その出来事が起こった後になります。

何らかの出来事が起こり、ある特定の結果を見て、「これは運命だったんだ」と感じたことがあるという人は多いでしょう。もしかすると、「運命だから変えられなかった」と感じた人もいるかもしれません。

しかし、その出来事が起こった時、または何らかの選択を迫られた時、それが「運命」だと思っていたでしょうか。結果が見えていないため、それ自体を「運命」だと思う人は少ないでしょう。

上述もした通り、運命とは個人の感覚です。そのため、その出来事が起こった瞬間ではなく、結果を得たとき、つまり後から「運命だった」と感じるのです。

印象的な結果を得たり、心が揺さぶられたりするようなことがなければ「運命」と感じないことからも、あとから運命を判断していることがわかるでしょう。

運命と意思は密接に関係する。

「運命」という言葉を聞くと、自分では変えられない、未知なるパワーが関係していると感じますよね。自分ではどうしようもないことに直面した時、「運命」という言葉を使って諦めてしまう人も少なくないでしょう。

しかし運命は実はあなた自身の意思と無関係のところで起こる出来事ではありません。あなたの意思に反してもたらされるものでも、最初から決まっているものでもないのです。

「運命」は、私たちが生きてきた上で、積み重ねてきた経験から決まるものです。この場合の経験とは、主に感情面での経験を指します。生きてきた中で積み重ねてきたさまざまな感情が、「運命」というものを決める軸になっているのです。

感情の経験は無意識に積み重ねられるものですから、そういった意味では「運命」は自然ともたらされるもののように感じるでしょう。しかし感情というれっきとした私たちの意思が関わっているため、それと関係ないところで「運命」がもたらされることはありません。

運命と感じる「直感」での行動について

多くの人が直感で行動をしたときに、あとで「運命だった」と感じるのではないでしょうか。直感で行動した場合、多くの人が何らかのパワーによって突き動かされたと感じるでしょう。

しかしその直感ですら、実は私たちが生きてきた中で積み重ねた経験や、趣味・嗜好から発されたものなのです。

直感で選択したものについてよくよく考えてみると、これまでの経験やあなたの性格、趣味・嗜好が関係しているようには感じないでしょうか。

私たちが人生において何らかの選択をするとき、こうしたこと基づいて決めているはずです。その意思決定を無意識に行った時や、深く考えずに「これだ!」とピンときた時に、人はそれを直感だと感じ、そして「運命」だと感じるのです。

運命を決めているのは自分の思考であることを知ろう

ここまでご説明した内容を読んで、「運命」には何のスピリチュアル的要素もないとがっかりしてしまった人もいるかもしれません。

確かに「運命」は何かの大きなパワーが影響して、最初から決められているものではなく、私たちの感情や経験に左右されるものなので、そこだけ見ると何のスピリチュアル要素もないように感じるでしょう。

感情や経験とは、あなたの思考そのものです。つまりあなたの思考があなた自身の「運命」を決めているということになります。ここで詳しく掘り下げるとテーマが変わってきてしまうので、掘り下げることはしませんが、「思考」とスピリチュアル的なパワーは関係がありますよね。

そういう意味で考えれば、「運命」を決めているのは大きなパワーであると言ってもいいかもしれません。ただしそのパワーとは、自分自身の思考のことであって、自分にはどうしようもない手の届かない場所にあるパワーのことではありません。

運命は変えられるもの!その変え方とは?

ここまでのご説明で、今まで運命は変えられないと思っていた人も、運命は変えられるものなのだと薄々気づいたのではないでしょうか。そう。運命ははじめから決まっているものではないため、自ら変えられるものなのです。

そのポイントは前述でも少し触れているとおり「思考」ということになります。あなたの思考が運命を決めているのなら、その部分をどうにかすれば運命が変わります。

では、具体的にどうすれば運命を変えられるのでしょうか。

「運命だから仕方ない」という思考をやめる

まずは「運命は変えられる」ということを強く意識してください。「運命だから仕方ない」と色々なことを諦めてきたという人もいるのではないでしょうか。しかしそれ自体が間違いだということが、ここまでの説明でわかりましたよね。

運命は変えられるのだから、「運命だから仕方ない」ということはあり得ません。

その思考をやめることで、運命に翻弄されることなく自分の人生を歩むことができます。「運命だから仕方ない」という考えには、ネガティブな意味がこめられていますよね。それでは思考にネガティブに考える癖がついてしまうため、運命自体もネガティブなものになってしまうでしょう。

そうしたメカニズムを知れば、なぜ自分が運命に恵まれなかったのか薄々わかってくるのではないでしょうか。

どんな人生を送りたいのかということに集中する

運命を変えて、思い通りの人生を送るためには、あなたがどんな人生を送りたいのかということに集中する必要があります。まずはどんな人生を送りたいと思っているのか、しっかり考えてみてください。

考えたら、それに集中します。「いつも幸せ」といったような漠然としたものでも構いません。何かを決めるとき、行動するとき、どんなときでも自分が送りたい人生を送るためには、どう選択・行動すればいいかということを考えてみましょう。

そういった風に自分が送りたい人生に集中していれば、徐々に「運命」の傾向が変わってきます。不思議なことに、すべてが繋がってベストな状態で「運命」がやってきていることに気づくでしょう。

そうしてあなたの運命は、今までのものとは全く別のものに変わることができるのです。

まとめ

今回は運命というものの真実についてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

今まで運命は変えられないものだと考えていた人にとっては、目から鱗の情報だったかもしれませんね。思っていた「運命」と「運命の真実」が違っていたという人がほとんどではないでしょうか。

運命が変えられるものだと知れば、今まで辛い出来事などを運命だと思って受け入れていた人も、自分の思い通りに運命を変えてみたくなったでしょう。

運命を決めている思考の癖やこれまでの経験があるので、すぐには思い通りに変えることは難しいかもしれません。しかしそうした思考の癖は、徐々に変えていけるものですから、安心してくださいね。

思い通りの運命を引き寄せて生きていけるように、運命をコントロールしていきましょう。

合わせて読みたい