夢占い

仏の夢は【日頃の行い】の暗示!?|3つのポイントで夢の意味を診断

仏の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

仏の夢が意味するシンボルとは「日頃の行い」を表します。
仏様の夢を見ることができるなんて、何か非常に嬉しいご利益がありそうな明るい気持ちになれますよね。確かに仏の夢を見ることは「幸運」といった運気を暗示してくれる吉夢にもなります。しかし実は夢占いにおいて仏は日頃からの行いを表しているのです。
幸運とは普段の行いの積み重ねによって作られるもの。仏様が夢の中で、日頃から善行を積むように促しているのがこの夢になるのです。
そこから派生して「習慣」を意味することもあります。日頃の行いが習慣になることで、自然と善行を積むような行いを繰り返し、幸運を呼び寄せるのです。
その他にも仏の夢には「エネルギー」を象徴しています。仏様の力は偉大なもの。仏の夢を見ることであなたの気力がどれほどのものなのか知ることが出来るのです。

仏の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

仏の夢を見て幸せな気持ちになれるほど、あなたに大きな幸運が到来していることを示唆しています。仏様は大きなエネルギーに溢れていることから、あなたにも活力を分け与えようとしているのです。謙虚な心を忘れずに、日々精進し続けることができるのなら、幸せな出来事が訪れることでしょう。
反対に仏の夢を見て後ろめたい気持ちを持ってしまうほど、運気が下降していることを示しています。仏という有難いものを見ているのに素直に喜べていません。仏様は常にあなたの日頃からの行いを見ています。自分に嘘をついてしまうようなことが重なっていることで、運気も下がってきているのです。再度気を取り直して精進することを続けていくことが大切になります。

仏の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

夢の中に出てきた仏の大きさはどのぐらいだったか思い出してみましょう。
仏の様子が怒っているように見えるほど、日頃の行いを見直す必要性があることを示唆しています。仏様が今一度気を引き締める必要性があることを、夢にまで出てきて伝えようとしているのです。最近怠惰に過ごしているのではないでしょうか?目標に向かって気合を入れなおすことがさらなる自身の向上に繋がります。
また仏の様子が笑っているように見えるほど、今の行いが正しいことを示唆しています。このままの調子で最後まで走り抜けるようにしましょう。

仏の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

夢の中で仏と共に登場した人物が家族などの身近な人であるほど、日頃の感謝を忘れていることの暗示になります。あなたがここまで成長できたのも周りの人のおかげです。感謝の気持ちを忘れることなく、今後も精進していくことが大切になります。実際に感謝の言葉を伝えてみると、より運が上昇していくでしょう。
また仏と一緒に知らない人が出てきたのなら、あなたの尊敬する人を真似する必要があることを示しています。あなたが更なる飛躍を遂げるためには、別人に変わる勢いで尊敬する人の良いところを取り入れる必要があるのです。尊敬する人が側にいるのならその人から離れずに何でも吸収するようにしましょう。

合わせて読みたい