夢占い

歌うの夢は【自己表現】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

歌う夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

歌う夢を見た時のキーワードは「自己表現」・「感情」です。歌うことによって、今自分の中にある感情を外に出してすっきりしたい、自分を表現したいという気持ちがあなたの中で高まっていることを表します。
また、歌うという行為を通してエネルギーがあなたの中で高まっていることも示しています。このエネルギーというのは、ポジティブなものとネガティブなもの両方の意味を持っているため、夢の解釈によっては注意が必要です。
さらに、歌う夢には「寂しさの象徴」という意味もあります。歌を歌って自己表現をすることによって、みんなに注目され、寂しさを埋めたいと思っている場合もあります。
吉凶分かれる場合が多く、意味も多いため、じっくり読み解いていきましょう。

歌う夢を読み解く3つのポイント?:印象・感情

見た夢に対して、どのような印象や感情を持ったでしょうか?気持ちが明るくなる夢は、自己表現を上手くでき、ポジティブなエネルギーがあなたの中で高まっていることを表しています。
反対に、気持ちが暗くなってしなった場合は、うまく自分の感情が処理できず、フラストレーションは溜まってしまうことを表しています。また、不安やみずほらしさを感じた場合は、寂しさを強く感じているため、人と過ごす時間を増やすと良いでしょう。

歌う夢を読み解く3つのポイント?:行動・場面

歌う夢を見た時に、印象に残った行動や場面がありましたか?
和やかな場面が印象的であれば、あなたがリラックスをして、自己表現を行っていることになります。また、自分の中に蓄積されているエネルギーは前向きなものです。
反対に、緊迫した場合であれば、あなたが本当は抱いている思いや考えが溜まっていることを表しています。気持ちをため込みすぎて爆破してしまう前に、1度ゆっくりと過ごす時間をもって気持ちの整理を行うとよいでしょう。

歌う夢を読み解く3つのポイント?:登場人物

夢の中にでてきた人数はどれくらいでしたか?最初に述べた通り、歌う夢には「寂しさの象徴」という意味もあります。そのため、多くの人が夢に出てきた場合、あなたが現在抱いている寂しさが解消されることを表します。
反対に、人数が少なかったり、数人だけだったりした場合、あなたの中で寂しい気持ちがどんどん膨れ上がり、孤独だと感じてしまうことを表しています。耐えきれなくなる前に、周囲の人に頼ったり甘えたりしましょう。

合わせて読みたい