夢占い

勉強の夢は【力不足】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

勉強の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

勉強の夢は「力不足」や「好奇心」を象徴する夢です。この2つの意味は、まったく異なるように感じるかもしれませんが、勉強の夢はその内容により意味がどちらかに偏る夢なのです。
勉強をするということは、何かを学ぶべきであること、または何かを学びたいと思っているということですよね。ですから勉強の夢の場合、夢が「学ぶべき」であることを示すなら「力不足」という意味になり、「学びたい」なら「好奇心」という意味になるのです。つまり夢の中で勉強をすることを強いられたり、必要性を感じたりする場合は「力不足」を象徴する夢で、勉強する意欲がある場合は「好奇心」を象徴する夢となります。
それでは勉強の夢を読み解くポイントを詳しくみていきましょう。

勉強の夢を読み解く3つのポイント(1):印象・感情

勉強の夢を読み解くには、勉強に対してどのような印象を持ったのか、その夢の中でどんな感情になったのかに注目してみましょう。
たとえば勉強にポジティブな印象を持ったり、勉強が好きだと感じたり、勉強できることを嬉しいと感じたなら、あなたの好奇心が高まっていることを意味します。そして逆に勉強にネガティブな感情を抱いたり、勉強を嫌いだと思ったりした場合は、何かに対してあなたの力が不足していることを意味するのです。

勉強の夢を読み解く3つのポイント(2):行動・場面

勉強の夢を読み解くための2つめのポイントは、その夢の中で何をしていたのか、そこはどこだったのかということです。
勉強をしている夢はそもそも力不足や好奇心どちらかの意味を持ちますが、途中で勉強をやめてしまう夢や、さぼってしまう夢なら、力不足だったり好奇心が満たされる前に諦めてしまいそうなことを暗示します。
またその場所が学校や職場など集中しやすい場所だったのであれば、力不足が解消されたり好奇心が満たされることを意味しますが、家などリラックスできる場所だった場合は、もう少し集中するべきであることを警告する夢となります。

勉強の夢を読み解く3つのポイント(3):登場人物

最後に勉強の夢に出て来た登場人物についても着目してみましょう。その夢には誰が出て来ていたでしょうか。
もしも夢の中に先生や年上の人、両親、上司などといった、現実世界であなたよりも立場が上だったり、あなたを導く立場の人だったりする人が現れた場合は、あなたの力不足を補ったり、好奇心を満たしてくれる指導者がいることを意味します。
友達や同僚などなら、一緒に学べるような協力者がいるでしょう。しかし1人だった場合や、誰かがいても嫌いな相手だった場合は、1人でがんばるしかないことを暗示しています。

合わせて読みたい