夢占い

火事の夢は【再生】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

火事の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

夢の世界に登場する火事が意味するシンボルとは、「再生」です。
火事が起きてしまうと何もかもをも燃やし尽くしてしまい後には何も残りませんよね。そんな火事の夢がなぜ再生を意味するのかというと、実は伝説上の生物である不死鳥の存在が大きくかかわっています。不死鳥とは傷ついても炎と共に何度でも再生する生き物のこと。そのイメージから火事の夢が燃えても再生するということを示すようになったのです。
また燃えた後は何も残っていませんので、後は再生するだけですよね?そういった希望もこの夢には含まれているのです。
他にも火事の夢には「激しい感情」という意味もあります。火事というのはとても強い炎のことであり、そこに秘められたエネルギー量はすさまじいもの。同様に感情というのも大きなエネルギーの波であることから、この意味を意味するようになりました。

火事の夢を読み解く3つのポイント?:印象・感情

火事の夢を見て気持ちが前向きになるほど、運気が上昇していることを暗示しています。火事というのはエネルギーそのもの。そのため力の源である火事を見てポジティブな印象を持つほど、運気が上昇していることを表しているのです。この時期はどんどんことに対しても力強く取り組めることができます。次から次へと興味のあることにチャレンジしてみることがより良い運を引き寄せることでしょう。
反対に火事の夢を見て恐れを抱いてしまうほど、運気が低迷していることの表れです。今の時期は何をしても空回りしてしまうことが多いでしょう。大きな決断はこの時期にしないことが大切です。

火事の夢を読み解く3つのポイント?:行動・場面

夢の世界でみた火事の炎が激しく燃えているほど、あなたの中で激しい感情のエネルギーが湧き上がっていることを意味しています。この炎はあなたの感情を表しているのです。ときに、人との衝突を引き起こしてしまうこともありますが、何か徹底的に打ち込めるものを見つけることで、衝突を避けられるでしょう。
反対に火事の炎が弱弱しいほど、あなたの感情が沈んでいることを暗示しています。今は休みを取って力を蓄える時期です。次の大きな目標に向けて着々と準備を進めていきましょう。

火事の夢を読み解く3つのポイント?:登場人物

最後に、あなたの夢に登場した人物から、夢の意味を読み解きます。
火事の夢を見たときにあなたの身近な存在が出てきた場合は、人と関わる中で嬉しくなるような出来事が待っていることを示しています。
もし周りの人との関係をより良くしていきたいのであれば、あなたから声をかけてみるなど、何かしらのアクションを起こしてみましょう。
一方で、火事の夢の中で出てきた人物が同性であった場合、あなたの身近に危険が迫っているという意味です。あなたに対して何か強い感情を抱いている人の存在を教えてくれているのです。何か職場や学校などの人間に思い当たる点がないか考えてみましょう。

合わせて読みたい