手相

感情線の見方|特徴別に解説するビジュアル手相占い

手のひらの上側を小指の付け根の下から、人差し指方向に向かって伸びる線を、手相の基本の線の一つである感情線と呼びます。
感情線は、心の動き、生活や愛情面、感受性など、人の心や内面を読みとることのできる重要な線だと言えます。
手相において、線は濃く乱れがない方が良いとされていますが、感情線は多少乱れている方が人間味があって良いとされます。
感情線から感情の起伏や恋愛傾向、運命も分かるため、恋愛や結婚について知りたい人には、重要な線だと言えるでしょう。

Contents

感情線の基本の位置と意味|見るべきポイントを解説

感情線は、小指側が起点となり、人差し指か中指の付け根辺りまで伸び、手のひらを横断するように線が伸びています。
見るべきポイントは、感情線の長さ、線がどのように、またどの方向に伸びているか、線に乱れがないかなどに着目します。
感情線から細い支線が出ていれば、それも鑑定の大きなポイントになるので、細い支線であってもチェックしましょう。
また、感情線がどの位置まで伸びているかや、感情線の上の紋もチェックのポイントになるので押さえておきましょう。

線の位置と一般的な形状・長さ

 

感情線の起点は小指の付け根と手首の間の手のひらを4等分し、その上部4分の1の辺りから出ていますが、個人差があります。
起点が標準とされる上から4分の1より上側である小指側にある人は、社交的で明るい性格の傾向があるのが特徴です。
反対に上から4分の1より下の手首側に感情線の起点がある人は、内向的で冷静で理性的な性格の傾向があります。
長さは一般的に、中指と人差し指の間辺りまで伸びているのが平均的な長さになり、これを基準にして長いか短いかを判断します。
また、線の乱れに注目することは大切で、手相は乱れがない方が良いとされますが、感情線が乱れていても悪いとは言えないのです。
感情線に乱れがない手相は感情の変化の少ないクールな性格で、感情線に乱れがある場合は感情表現が豊かな人であると判断します。

線の見方|長い場合・短い場合

感情線の長さは、その人の持つ気性や性格などが見えてくるため、見た目ですぐに判断できる長さに注目してみましょう。
長さの基準は、中指と人差し指の間を基準にし、中指の付け根の下より短い長さの場合、短い感情線であると判断します。
短い感情線を持つ人は、喜怒哀楽の変化が少ないため感情的になりにくく、とてもクールな性格のタイプが多い傾向にあります。
一方でとても聞き上手な一面もあり、冷静なその場に合った判断ができることから、相談されることが多い人もいます。
感情を上手に制御し、ペースを乱さず自分の歩調を大切にし、深い対人関係を求めないため、あっさりした性格をしています。
反対に、感情線が長い人は、短い人とは対照的で、どの分野の人間関係においても仲良くしたいと考え、とても情熱的です。
感情線の長さは人差し指まで伸びており、長ければ長い程、愛情面がとても深く、面倒見が良く、人情に厚い面があります。
しかし、少し感情的になりやすく、愛着が強い面があり、支配欲や独占欲が強い傾向にあるため、注意が必要でしょう。

線の見方|線が濃い場合・薄い場合・ない場合

感情線を見るポイントとして、線の濃さと線のあるなしは重要で、その相を持っている人の特徴や心理状態が判断できます。
まず、感情線が濃く、線から力強さを感じるのであれば、ポジティブな性格で自信とやる気に満ちている心理状態であると読みます。
反対に線が薄くて弱々しく感じるのであれば。消極的な性格で、自信がなく不安に悩みやすい心理状態だと読みとれます。
感情線は性格だけでなく、気持ちや心の乱れが手相にあらわれるため、昨日と手相が違うとわかる程、変化することもあります。
そのため、感情線にいつも注目していれば、自分や相手の心理状態や心の変化を読み取ることができるとも言えるでしょう。
また、感情線がない手相もあり、その場合、頭脳線と一緒になっている、マスカケ線の相もありますが、全くない手相の人もいます。
感情線がない人は非常に稀ですが、感情線がない場合、身内など近しい人との縁が非常に薄い人が多い傾向にあります。
また、喜怒哀楽などの感情を感じにくく、感情がないわけではないのですが、情が薄い人が多い傾向にあります。
感情が薄いため、人との関りが薄くなりやすい傾向にあり、人の痛みや気持ちが分からないという人に感情線がないことが多いです。
しかし、自分優先ではなく他人を大切にすることで感情は芽生えてきますので、人を思う気持ちを大切にするといいでしょう。

線の見方|右手と左手の違い

手相を見る場合、右手と左手の両方を見て判断したほうがいいと言われており、感情線も例外ではありません。
感情線は心理状態や性格などをあらわしている相なので、左手を右手を見る時にそれを意識するといいでしょう。
左手は元々持って生まれ持ったものをあらわしているため、自分の持っている元々の性格や気性などが出ていると考えられます。
右手は後天的な運勢を見るため、後天的に身に付いた性格や、今の心理状態があらわれていると読みとることができるでしょう。
素の性格を知りたいのであれば、左手の感情線を見ることで、その人の持つ本性や隠れた人間性が分かるかもしれません。
また、左手と右手で感情線の長さが全く違えば、付き合っていくと第一印象と全く違う性格であることもあるようです。

感情線と年齢の関係|流年法の見方を解説

手相には流年法と呼ばれ、何歳頃に何が起こるかを読みとる方法がありますが、感情線も流年法を使って読み解くことができます。
感情線は、性格や感情、心理状態などが分かりますが、恋愛や気持ちの変化、循環器の病気が分かることもあります。
感情線の流年法の数え方は、起点の位置が0歳、小指の下が10歳、薬指の下が30歳、中指の下が50歳、人差し指の下が70歳です。
流年法で数えて、感情線に障害線や島などがあらわれた位置の年齢が、気持ちの変化や病気になることを暗示しています。
また、感情線が切れたりしている時期は、離婚や家族関係の変化など、人間関係の変化を教えていることもあるでしょう。
流年法のみを活用して感情線を見ることは少ないですが、島がある場合や線が切れている時期は変化しやすいため注意しましょう。

スター(星・アスタリスク)が感情線上にある時の意味

スターは短い線が三本以上重なり「*」のマークを作る相のことで、この相があると非常にラッキーなことがあるとされています。
感情線は、性格や感情、愛情運などを教える線ですので、感情線上にスターがあることは愛情面で幸運が来ることを示しています。
内面をあらわす線ですので、感情線にスターがあることで気持ちの面で変化があらわれ、モテる時期が来ているのかもしれません。
良い縁談が舞い込んでくる可能性も高いため、出会いや良い話があれば積極的に参加することで、良縁に恵まれるはずです。
気持ちも穏やかになり、モテやすい時期のため、積極的に行動することで、スターが幸運を呼んでくれるでしょう。
スターの線が濃いほど幸運の力は強いですが、薄くてもスターの効果はありますので、チャンスを逃さないようにしましょう。

トライアングル(三角紋)が感情線上にある時の意味

トライアングルは短い三つの線が集まり三角の形をした紋で、手相にあらわれるとラッキーなことが起きると言われています。
しかし、感情線の上にトライアングルがあらわれた場合、線と重なっているか、引っ付いているかをよく見極めることが大切です。
もし、感情線の上に重なるようにトライアングルがあらわれた場合、ラッキーな相ではなく、島の一種であると見ます。
運気が下がったり、感情線が示す心の動きに影響しますので、気持ちが乱れたりイライラする事が起きると暗示しています。
また、感情線は、愛情や恋愛面もあらわしていますので、突然振られてしまうなど、恋愛運の低下も考えられます。
感情線上にトライアングルが重なってあらわれている時は、心や感情が乱れやすいので、言動に注意する必要があるでしょう。
しかし、感情線にトライアングルの角が触れるように引っ付いている場合は、ラッキーなことが起こる暗示になります。
感情線の意味する、愛情面や恋愛面で思わぬラッキーなことが起きたり、運気が上がることを教えてくれています。
特にトライアングルは努力が実る意味があるため、片思いの相手に気持ちが伝わったり、結婚が決まるなど起きるかもしれません。
なお、感情線と短い二本の線で三角になる場合の相は、何か一芸に秀でている人にあらわれ、悪い意味にはなりません。

十字紋(×印・クロス)が感情線上にある時の意味

感情線の上に二本の線が重なった×の形の紋があらわれることがあり、これは十字紋と呼ばれ、運気の低下を示しています。
感情線は、人の感情や愛情運をあらわす線ですので、その線に十字紋があることはイライラしたり人間関係の問題を示しています。
また、十字紋の線が濃い場合、感情の乱れだけではなく、大切な人との別れを暗示していることもあるため注意しましょう。
線の上に十字紋が重なることは、感情面や愛情面での問題を示していますが、感情線の終点に十字紋がある場合も注意が必要です。
感情線の終わりに十字紋があり、そこで線が止まっている場合は、恋愛運の低下を意味し、恋愛運がないことをあらわしています。
素敵な出会いがあっても、その人の人間性に問題があったり、または全く出会いがないなどが考えられるでしょう。
しかし、感情線は変化しやすく十字紋があっても行動次第で運命を変えることができるため、行動を改めるきっかけにしましょう。

途中で切れている感情線の意味

線の途中が切れている感情線は、気持ちが制御できないことが原因で、愛情運が途切れてしまうことを意味しています。
感情線がどの位置で切れているかで、何が原因で感情が乱れて、恋愛がうまく行かないかを知ることができます。
例えば、起点に近い小指の下で切れている場合は、お金が原因で愛情が途切れてしまうことを意味しています。
お金より愛情が大切だと考えを変えることで乗り越えるられるかもしれませんが、運命だと諦めることも必要かもしれません。
また、薬指の下で感情線が切れている場合、自分の利己的な考えやプライドが原因で愛情が途絶えてしまうことを意味しています。
この場合、流年法で見ると早い時期に結婚するが、自分の言動が原因で別れる恐れがあることを暗示しているため注意しましょう。
自分勝手な行動をしていないか、相手に愛情を持っているかなど、自分の考え方を変えたり制御することで変えることができます。
また、中指の下で感情線が途切れている場合は、仕事などの外的要因が原因で愛情が途切れることをあらわしています。
仕事が転勤になって遠距離になったり、両親の反対にあったり、社会的なことが原因で別れることが多いでしょう。
しかしこの場合、次の新しい出会いのために別れることになる場合が多いため、運命だと諦めることも大切でしょう。

二股に分かれている感情線の意味

終点が二股になって感情線が分かれている場合、その終点が手のひらのどこに向かっているかで判断をします。
二股に別れた先の一方が人差し指と中指の間に向かい、もう一方が木星丘に向かっている場合、愛情深く思いやりのある人です。
この相の人は、人望が厚く、物事を前向きに考えるため、みんなを優しさでまとめるリーダー役に向いています。
人から好かやすい明るい性格のため、人から慕われ、愛情に満ちた幸せな人生が送れる傾向にあると読むことができます。
また、二股に別れた先の一方が木星丘に向かい、もう一方は下降している場合、とても真面目で責任感の強い人です。
実行力があり頼れる存在ですが、柔軟性に欠ける考え方をするため、融通の利かない面もあり、頑固だと思われるかもしれません。
また、失恋など精神的にダメージを受けると、立ち直るのに時間がかかる面がありますが、経験を積むことで打たれ強くなります。

二本・三本ある感情線の意味

感情線が二本・三本と複数ある場合は、感情線のどのあたりの位置に線が複数できているかをチェックしましょう。
まず、感情線の上側に短い感情線がもう一本ある場合、この線は社交線であると判断し、その名の通り社交的な人にできる線です。
社交線を持っている人はとても明るい性格で、物怖じするところがなく、誰とでも仲良くなれる特徴があります。
その反面、寂しがり屋な一面があり、一人が苦手で、友達や知り合い、家族など誰かと一緒に居たいと思う特徴があります。
感情線の下側にもう一本感情線がある場合で、その線が知能線まで伸びていると職業線と呼ばれ、仕事を第一の人に多い線です。
職業線のある人は、恋愛や家族よりも仕事を一番に優先する特徴があり、どんなことよりも仕事を大切にします。
仕事をしていないと落ち着かないため、定年しても新しい仕事に就いたり、自営業を始めるなど一生を仕事に費やす傾向にあります。

支線が伸びている感情線の意味

感情線の支線が伸び生命線にまで達している、またはそれ以上伸びている場合、過去の恋愛を忘れられない傾向にあります。
初恋の人や、最初に付き合った人が忘れられず、歳をとってもずっと思い続けるなど、純粋な気持ちを忘れないでしょう。
そのため、婚期が遅れたり、初恋の人をいつまでも思い独身を貫くなど、恋愛において純粋な面を持ち続ける傾向にあります。
また、短い支線が何本もある人は感情のアンテナが張り巡らされている、人の気持ちに非常に敏感で感じやすい人でしょう。
感情線の上下に支線がたくさんある手相の人はモテやすい人が多いですが、気持ちはデリケートで繊細な一面があります。
また、感情線の下側に支線がたくさんある人は片思いになりやすい傾向にあり、好きな人に振り向いてもらえないでしょう。
感情線の下に支線がたくさんある人は、自分が好きな人よりも、自分のことを好きになってくれる人と一緒になると幸せになれます。

始点・終点が枝分かれしている感情線の意味

始点・終点が枝分かれしている感情線は、始点が枝分かれしているか、終点が枝分れしているかで、それぞれ意味が違います。
まず、始点が枝分かれし支線が上下に出ている相は子宝線と呼ばれ、この相があると子供ができやすい線です。
子宝線はとても短く小さな線が上下に向かって伸び、この短い線が多い程、子宝に恵まれやすい傾向にあります。
また、終点が枝分かれしている感情線は、人間関係に真面目で気配りができるタイプであることをあらわしています。
特に三本以上に終点が枝分かれし、かつ人差し指の付け根の木星丘まで伸びていると、社交的で誰とでも仲良くなれるタイプです。
三本以上に終点が枝分かれしてた場合、その分岐が小さい場合は、身内や仲間を大切にするタイプになります。
また、終点が大きく枝分かれしていても木星丘にまで届いていない場合は、気配り上手ですが自己主張が苦手なタイプと判断します。

両手を合わせたときに感情線が重なる時の意味

両手を合わせたとき感情線が重なる相を持つ人は、とても思慮深く、感情は穏やかな優しい性格の傾向があります。
この手相を持つ人は、結婚相手や付き合う人も、自分と同じような穏やかで大人しい性格の人に惹かれる特徴があります。
また、小指の付け根の線を基準にして両手を合わせた時、感情線と結婚線がピッタリ一致する人は、相思相愛の相であると読みます。
この相があると、自分が好きになった人も自分のことを好きになってくれる確率が高いと言われている、恋愛運の強い相です。
両手を合わせて、ピッタリ長さや線の濃さまで一緒の場合は、相思相愛の確率はもっと上がるとされています。
しかし、両方の感情線が合っても結婚線が合わない場合、すれ違いやすく、好きな人ではなく苦手な人に好かれやすいでしょう。

途中にフィッシュ(魚紋)がある感情線の意味

フィッシュがある手相は幸運な出来事が起こりやすい手相で、感情線にフィッシュができた場合は幸運の前触れを伝えています。
フィッシュは悪い意味の島と似ているため、魚の尾びれのような線が二本あり、感情線に引っ付くように出ているか確認しましょう。
感情線の途中にフィッシュがある場合の意味は、恋愛や愛情面で良いことが起きることを伝えている意味になります。
フィッシュが感情線にあらわれている間は、意中の相手にモテたり、家族関係が良くなったりなど、良いことが起きるでしょう。
元々、感情線にフィッシュがあり消えないという手相は、恋愛運がよかったり、愛情に恵まれていたなど心当たりがあるはずです。
感情線にフィッシュがあらわれた場合、恋愛面にチャンスが来ていることを教えているので、アプローチしてみるといいでしょう。

鎖状になっている感情線の意味

感情線が一本の直線ではなく、鎖状になっている感情線の相は、神経質で感情を表に出すのが苦手な人に多い手相です。
更に感情線が薄く、鎖状の線の場合は、メンタルが弱い傾向にあり、自分に自信が持てず、途中で投げ出してしまうことも多いです。
人の言動にとても敏感で、些細な事でも傷つきやすく、考えすぎてしまい、人との関りを断ってしまう傾向にあります。
しかし、細かなことに気が付き非常に繊細なので、芸術分野や技術の分野で才能が花開きやすい人も多い特徴があります。
芸術や技術の才能を活かして、好きなものを作ったり、アイデアを形にすると、才能が伸びやすく開花するでしょう。
得意分野で才能を伸ばすことで自信が付くと、感情線に変化があらわれ、鎖状が目立たなくなっていくでしょう。

途中に島がある感情線の意味

感情線にできる島は、人間関係の悪化や愛情面での不満や、気苦労などが島の相という形になってあらわれます。
感情線にあらわれる島は薬指の下辺りにできることが多く、この場合は目や生殖器、心臓の病気に注意が必要です。
特に目が疲れやすかったり、視力が急激に悪くなるなどの体調の変化が体に出ることが多いため、気をつけた方がいいでしょう。
感情線に島があるのなら、長時間のスマホなどの使用を避けたり、睡眠不足に気をつけるなど、目に優しい行動を心がけましょう。

伸びてきた・短くなった感情線の意味

感情線が伸びたり短くなる意味は、感情面や性格に変化があらわれた場合に、感情線に変化が起きたと考えられるでしょう。
例えば、感情線が人差し指の下の方まで長くなったのであれば、愛情深く気持ちも穏やかになったなど、変化を感じているはずです。
家族や友人、恋人などにこれまで以上に優しくできるなど、気持ちに変化が起こり、周りも優しくなったと感じているでしょう。
反対に短くなった場合は、感情や愛情表現が苦手になったり、上手く人間関係が築けなくなったと感じているかもしれません。
長かった感情線が短くなったのであれば、人間関係が希薄になっていることを伝えていると考えられるでしょう。

濃くなった・薄くなった感情線の意味

感情線はその時の心の状態をあらわすため、線が濃くなったり、薄くなったりすることは、起こり得る変化です。
薄い線だった感情線が濃くなった場合、今まで自信がなかった人が、自信がついたり、やる気に満ち溢れている状態でしょう。
反対に、濃かった感情線が薄くなった場合は、何かがきっかけで自信が無くなったり不安に陥っている状態であると言えるでしょう。
なにか心当たりがあるのであれば、しっかり休息を取り、気持ちを落ち着けるなど、対策を取る必要があるでしょう。
感情線は変化しやすいため、気持ちが沈んだ、やる気がないなど気持ちの変化があった時に確認すると心のバロメーターになります。

感情線と関係が深い線

感情線の近くには多くの線があり、感情線と一緒に読みとることでより深いところまで、手相を読みとることができます。
結婚線などは、感情線と一緒に見ることで、恋愛運がより深く、詳しく分かるため合わせて見るといいでしょう。
また、心の乱れは健康にも影響が出るため、感情線と健康線を一緒に見ることで健康についても詳しく分かるはずです。
感情線と関係が深い線を紹介しますので、感情線の状態と紹介する線の状態を合わせてみることで、心境が深く分かるはずです。

結婚線|小指と感情線の間から横に伸びる線

結婚線は結婚や出会いの時期など、結婚について分かる相で、恋愛運や愛情が分かる感情線と合せて見ると深く読みとれます。
結婚線の位置が感情線側に近い程、若い年齢の時に結婚しやすく、小指側になる程、晩婚になりやすくなります。
真っすぐ横に結婚線が伸び、感情線の状態も良く、流年法で見て時期が合えば、結婚のチャンスが来ている可能性が高いです。
しかし、感情線に引っ付く程、結婚線が下がっている場合、相手への気持ちが完全に冷めたか友情に変わったことを示しています。
未婚の場合は、お付き合いをやめるなどの選択肢もありますが、結婚をしている場合は相手への愛情が下がっていることを示します。
そのため、夫婦の間に大きな溝ができ、離婚へと発展してしまう恐れがあるため、離婚を考えていないのであれば注意が必要です。

健康線|手首の上から感情線の始点の下あたりへ斜めに伸びる線

手首の上辺りから小指の付け根の下である水星丘へ向け、感情線の下あたりまで斜めに伸びる線を健康線と呼びます。
財運線とよく間違われる相ですが、見分け方は水星丘まで伸びているかいないかで判断し、伸びていなければ健康線です。
健康線は基本的に、あまり体調が良くない時にできる線で、消化器官、循環器系などが弱い人に出やすい傾向にあります。
特に健康線が途切れてあらわれていたり、障害線が出ている場合は、健康状態に関して注意する必要があります。
健康線が目立って見える時は、体が疲れているサインのため、体を休めたり、体調管理に気をつけることが大切でしょう。
反対に、健康線があらわれないときは、元気なサインですので、健康線を体調管理の目安にするといいでしょう。

直感線|小指の付け根あたりから弓上に現れる線

小指の付け根の水星丘から月丘まで弓上にあらわれる線を直感線と呼び、直感力や本質を見極める能力のある珍しい線です。
直感線を持つ人は、占い師や霊感がある人など、第六感が強く、神秘的な力を持つ人に多くあらわれる傾向にあります。
直感に優れ、先見の目を持っているため、なぜか予感があたったり、危険を回避できたなど、不思議なことが起こります。
生まれつき持っている人が多いですが、後天的にこの相ができる場合もあり、霊感などが強くなっているはずです。
感性が強く、時代の変化も読みとれるため、占い師のような職業だけでなく心理学者、芸術家、経営者などにも向いています。
その力を活かし、ビジネスのシーンで活躍できるため、独立しても仕事をうまく切り盛りし、成功する人が多くいます。

二重感情線|感情線の内側に平行するもう一本の線

感情線の内側に平行して線がある感情線があり、二本あることから、二重感情線と呼ばれ強い精神力を持っている相です。
愛情も、持っている情熱も人の二倍あり、恋愛はとても情熱的であったり、困難があっても粘り強く乗り越えます。
また、負けず嫌いな面もあり、自分をあえて窮地に追い込むことで、力を発揮することができるタイプでしょう。
そのため、少し目標を高めに設定したり、今の自分のレベルでは高いと思うような事に挑戦すると、目標を達成しやすくなります。
少し八方美人な一面がありますが、愛情を持って人と接するため、人から好かれやすく、モテる人が多いです。
愛情も通常より多く持つことができるので、一人では満足できない傾向があるので、浮気をしやすいため注意しましょう。

反抗・謝りま線|感情線の下から横に向かって伸びている線

感情線の起点である小指側の下の、第二火星丘から感情線に沿うように短くあらわれる線を反抗線、謝りま線と呼びます。
この線がある人は自己主張が強く、人に干渉されたり、束縛されることを一番嫌い、マイペースに生きることを望みます。
自分が尊敬できない人や、納得できないことなど、自分の意見と違い、受け入れられないことには反発することもあります。
しかし、芯が強く、辛抱強く粘ることができたり、自由に生きたい人にあらわれやすく、内側に強い意志を秘めています。
そのため、自分の決めたことは最後までやり抜く強い意志と強さを持ち合わせており、達成できる力も持っています。
その反面、理想が高すぎる面があり、それを周囲に求めたり、正論で相手をやり込めてしまう面もあるため、注意しましょう。

ユーモア線|感情線の入り口付近に「く」の字に入っている線

感情線の起点である入り口付近に、「く」の字になるように感情線上にあらわれる線のことを、ユーモア線と呼びます。
ユーモアという名が付いている通り、ユーモアのセンスに溢れ、人を喜ばせたり、楽しませることができるムードメーカーです。
性格も気さくで親しみやすく、自分を飾ったりしないため、人から好かれ、社交的で、たくさんの友達がいる人が多いです。
人を喜ばせるだけでなく、自分も楽しみたいと考えるため、人生が楽しくなるような生き方を選ぶ傾向にあります。
このユーモア線がある人は、自分も人生を楽しみ、人を喜ばせることで明るい運気を常に持つことができるでしょう。
しかし、その反面、真面目なシーンが少し苦手で、大切なところで照れて茶化してしまい、誤解されることもあるようです。

恋愛線|感情線付近から生命線に向けて斜めに流れる線

感情線から生命線に向けて斜めに流れる線ができることがあり、この線のことを恋愛線と呼びますが、あらわれない人もいます。
恋愛線はないから恋愛ができないというわけではなく、恋愛への気持ちが高まったりなど、愛情が高まるとあらわれます。
恋愛線を見ると、運命の人との出会い、恋愛、結婚の年齢など、恋愛に関することをその線から知ることができます。
生命線と恋愛線が交差しているのならば、流年法で読み解くと、その時期が大恋愛をする時期だと分かるでしょう。
一般的に、濃く長い恋愛線は大恋愛を意味し、短く細い恋愛線は片思いを意味し、細い場合はすぐに別れるでしょう。
また、恋愛線が途切れ途切れになっている場合、その恋愛は発展しにくいことを意味し、恋人がいる人は愛情の低下を示します。
結婚線と恋愛線は別物ですが、恋愛線が結婚線と繋がり生命線まで伸びている長い線は、大恋愛の末、結婚することを示しています。

マスカケ線|感情線と頭脳線が繋がっている線

感情線と頭脳線が繋がっている線のことをマスカケ線と呼び、一本になっているか、線が繋がっている、とても珍しい手相です。
どんな分野でも成功できる線と言われ、経営者や指導者などに多く見られ、新しい考えで人を惹きつける魅力があるでしょう。
知的で、直感力、想像力などがある人が多く、天才的に見えますが、実は努力家で、努力を惜しまないところもあります。
自己中心的で強引な面もありますが、運勢が良かったり悪かったりの繰り返しが激しいため、内心不安に感じている一面もあります。
マスカケ線は感情線と頭脳線が繋がり一本になった線ですが、感情線と頭脳線の間に線ができ、後天的に繋がることもあります。
この場合も、マスカケ線で、自ら努力したり頑張った行動などから、後天的にマスカケ線を身に付けた手相となります。
この手相の場合、苦労を重ね、努力をし続けた人にできることが多く、頑張り屋で、かなりの実力者であることを示しています。

まとめ

感情線は、恋愛運、愛情面、現在の心理状態などを教えてくれる線で、線の形状から性格まで判断することができます。
恋愛で悩んでいるなら、感情線を読み解くことで自分の恋愛傾向が分かるため、足りない面を補うように行動するといいでしょう。
感情線はわかりやすい線ですので、パッと見て濃く長いのであれば、人情深い情熱的な人と判断できるでしょう。
反対に、短い感情線の人であれば、クールで感情を表に出しにくい性格の人であること判断することができます。
感情線は、心の乱れや愛情が線に出るので、恋愛やメンタルにおいてどう対処すればいいのかヒントを貰うことができます。
線の乱れや、線がどこに向かっているかなどでも、自分の性格や恋愛傾向が分かるためよくチェックするといいでしょう。
感情線を上手に利用して、自分の恋愛や人間関係などに活かせば、心のバロメーターになるので、人生を良いものにできるでしょう。

合わせて読みたい