夢占い

一人暮らしの夢は【自立】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

一人暮らしの夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

一人暮らしの夢は「自立」を象徴するキーワードになります。日本では一人暮らしを始めるまで親と同居している人がほとんどでしょう。両親に家事や洗濯といった生活に関わることをしてもらい生きてきました。しかし一人暮らしを始めた途端、それまで両親に当たり前のように支えられていた部分を全て一人でしなくてはなりません。この夢は何かから自立する必要性を促している夢だといえます。また夢の中で一人暮らししている様子を見たのなら、それは「環境の変化」を表しています。今まで支えて上手く過ごせてきた環境とは打って変わって、自分一人で行わなくてはならない負担が増す状況。そこから環境の変化を暗示する夢だといえます。他にも一人暮らしの夢を見たのなら「親への依存」を表しています。一人ではまだ生活していく自信がないことを、親への依存として夢に暗示しているのです。

一人暮らしの夢を読み解く3つのポイント?:印象・感情

一人暮らしの夢に対して抱いた感情は、自身の心がどのような状態なのかを教えてくれます。一人暮らしの夢に対してうれしいやワクワクするなどの前向きな気持ちを抱けるほど、自分に自信があることを教えています。始めてする一人暮らしは困難がつきもの。そんな大変な一人暮らしをする夢を見るということは、一人前として自分一人で生活できるという大きな自信があることの証拠です。反対に夢を見て不安や慌ただしさなどの沈んでしまう気持ちを抱いたのなら、今は自分に自信がないことの表れ。この時期は自信が持てていないがために失敗することも多いでしょう。しっかりと計画をたてて準備をすることが、本番でも自信を持つための大切なことです。

一人暮らしの夢を読み解く3つのポイント?:行動・場面

次に夢の場面を知ることがより深く意味を理解するための要素です。一人暮らしの夢を見たときに緊迫した場面であったのなら、周りの環境に振りまわされてしまっている状態を暗示しています。凄まじい勢いで周りの環境が変わってしまいついていけずに右往左往してしまっているのです。一度落ち着いて一つ一つの物事に取り組むことが大切です。反対に和やかな場面であったのなら、今の環境に安心感を覚えていることの暗示になります。特に現状に不満も抱いていないがために和やかな場面を見たのです。何か大きなチャレンジをしてみてもいいかもしれません。

一人暮らしの夢を読み解く3つのポイント?:登場人物

一人暮らしの夢に誰がでてきましたか?見えた人によっても意味は異なってくるのです。
一人暮らしの夢に出てきた人が身近な人であるほど、親にまだまだ甘えたいという気持ちの暗示になります。親というのはやはり安心できる存在。一緒にいてもっと甘えて慰めてもらいたいという強い思いが夢に現れたのです。一人暮らしの夢に知らない人が見えたのなら、早く今いる環境を変えたいという思いからこの夢を見ました。自身がいる現状に不満を抱いているのです。自分の可能性を試すことに挑戦してみるといいでしょう。

合わせて読みたい