夢占い

刑務所の夢は【束縛】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

刑務所の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

刑務所の夢が意味するキーワードは「強制」「我慢」「束縛」の三つになります。

刑務所と聞いて良いイメージを抱く人はいないですよね。何か悪いことをしたり罪を犯したりする人が、更生するために存在する場所が刑務所なのです。そんな場所の夢を見てもあまり良い気分ではないでしょう。

刑務所の中で罪を犯した人たちが、我慢しながら強制労働を強いられ自由を束縛されている状況。そこから連想される夢の意味が強制や我慢、束縛という暗い表現になるのです。

ここまで刑務所の夢が意味する一般的なキーワードについてご紹介してきました。

次に刑務所の夢を見た時に、それがどのような状況や場面にあったか、どんな印象や感情を抱いたか、そしてどんな人が出てきたのかによって変化する意味を詳しく見ていきましょう。

刑務所の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

刑務所の夢を見たときに嬉しい感情になるなんてあまり現実的ではないですよね。それにも関わらず、刑務所の夢を見て気持ちが前向きになったのなら、それは今まで我慢してきたことから解放されたという心理を表しています。我慢しなければならなかったことを、自分の好きなようにできる解放感は計り知れません。そのため刑務所の夢なのに気持ちが明るくなったのです。

反対にその夢の通り気持ちがどんよりと暗くなるほど、現状の環境に我慢して辛い思いをしている心理を暗示しています。少しでも心が軽くなるように気分転換をして、我慢による不満を和らげるようにすることが大切です。

刑務所の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

刑務所の夢でどんな場面に遭遇したのか注目してください。

夢の中の刑務所が閉鎖的であるほど、現在自分がいる環境が自由のきかない束縛された環境であることを表しています。思うように動けないもどかしさからこの夢を見たのです。少しでも動ける範囲内で最大限に行動してみることが、自由を取り戻す鍵になります。

その一方で夢の中の刑務所が開放的であるほど、何不自由なく好きなように生活できていることを表しています。自分の思い描いている毎日を送れているのです。感謝の念を忘れずに今後も様々なことに挑戦することが開運へと繋がります。

刑務所の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

最後に刑務所の夢の中にどんな人が出てきましたか?

夢の中に出てきた人が怖そうな人であるほど、日常生活において築いてきた人間関係で強い不満を感じているという暗示になります。頼りになる年上の人や親しい友人に相談してみると不満を解消する道を見るけることができます。

また夢の中に出てきた人の数が多ければ多いほど、日常生活で大きな我慢を強いられていることを表しています。刑務所という狭い建物中で大勢の人がぎゅうぎゅうに詰め込まれている状態から、辛い我慢を表しているのです。忍耐強いことも大切ですが、少しでも我慢を緩和できるように、いつもとは違った行動をとる必要があります。

合わせて読みたい