夢占い

地図の夢は【選択肢】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

地図の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

地図の夢を見たときのキーワードは「選択肢」です。

実際に地図を見ながら目的地を目指すとき、道の選び方にいくつか選択肢がある場合もありますよね。夢においても地図はあなたに選択肢があることを改めて教えてくれる存在です。

また、地図を見るときは大抵目的地があります。将来の方向性を『未来地図』と称して書きだすこともあるでしょう。このように、地図とは目標や指針をイメージさせるアイテムでもあります。

地図の夢はあなたの心理状況を如実に反映します。時には自覚していない心の悩みも反映していることがあります。

あなたの深層心理はどういう状況なのでしょうか。印象・場面・登場人物の3つのポイントに注目しながら紐解いていきましょう。

地図の夢を読み解く3つのポイント?:印象・感情

地図に対してどんな印象を抱いたでしょうか?

地図に対して書き込みが多い・細かいなどの複雑な印象を抱くときは、あなたは今の環境に飽きてしまっています。完璧に近い出来の地図は、新たな発見のないマンネリした現状を象徴しています。

地図が白紙・簡単な線しかないなどシンプルな印象を抱くときは、まだこれからすべきことがたくさんあると感じていることの表れです。まだまだ書き込む余裕のある地図は、あなたに様々な選択肢があることを教えてくれています。

地図の夢を読み解く3つのポイント?:行動・場面

夢の場面は、あなたの目標に対する心理状況を表します。

地図が読めなかったり目的地が見つからなかったりと何か困っているような場面は、目標を見失っているもしくは計画が挫折する兆しがあることを暗示します。進むべき道を決めきれずプレッシャーを感じているなら、相談できる相手を探しましょう。

目的地がすぐに見つかったり進む道だけ目立って見えたりと順調に進める場面なら、あなたは明確な目標を持てています。もしくは目標達成の実力を持っていることの表れです。

地図の夢を読み解く3つのポイント?:登場人物

最後に、夢の登場人物に注目しましょう。

話好きな人がでてきたときは、あなたが不安に思っていることを暗示しています。これからどう進んでいくかに大きな不安を抱えていて、誰かに指示してほしい・背中を押してほしいと感じているようです。夢の中での言葉がヒントになることもあります。よく思い出しましょう。

逆に無口な人が出てきたときは、口出しされず自由に進んでいきたいという気持ちの表れです。自分を持つことも大切ですが、周りの人の言葉に耳を傾けることも大切にしましょう。

外国の地図を見る夢の意味

外国の地図を見る夢は、大きな目標への憧れを暗示しています。今までとはまったく違うような方向性や目的が浮上してきたという意味合いがあります。好奇心をうまく現実に活かすことで、目標に近付くことができます。一方この夢には、多彩な選択肢という意味合いも含まれています。特に、外国というだけで、特定の国や地域を決めているのでないのであれば、まだ様々な方向に進む伸びしろがある状態と言えます。慌てて目標を決め、自分の中の可能性を狭めるのではなく、まずは自由な発想力を展開させていきましょう。その中で、困難に向かっていくやる気や、現実的な目標を持つことができれば、素晴らしいと言えるほどの成功に近付いていけるでしょう。

古い地図がでてくる夢の意味

古い地図がでてくる夢は、かねてからの目標を暗示しています。ただその一方で、古くなっているために、現在の生活の向上や本当の夢の実現には、あまり役立たないことを意味してもいます。意欲と現実がズレている状況です。一方でこの夢は、現実的な選択を促してもいます。かつて存在した進路や選択肢は、もう現実的ではなくなった状態と言えます。あくまで夢を追い続けるよりも、まずは現実に立ち返ることが重要です。その上で、何が今一番優先すべきことなのかを再認識するべきでしょう。しっかりと今を見つめられた上で改めて目標を立て直すことができれば、停滞から抜け、一気に成功へと近付くことができるはずです。

地図をもらう夢の意味

地図をもらう夢は、目標を得る暗示です。家族や友達、恋人との何気ないやり取りの中で、どう過ごすべきかの方針を得るという意味合いがあります。人との関係を良好に心がけて、ヒントを得られるようにしていきましょう。また、その地図は希少なものだったり、どこか遠方を描いたものだった場合は、得られる目標もまた大きなものとなります。人生を左右するような目的や選択肢が視界に入ってくるという状態です。地図をもらった時のワクワク感を忘れず、全力でやる気を示していきましょう。さらには計画性まで身につけることができれば、モチベーションをフルに活かす形で、成功への良い流れを掴むことができるでしょう。

地図を見ても迷う夢の意味

地図を見て迷う夢は、今自分の置かれている状況に対する不安の表れです。つまり、自分の描いた目標に対して、現在、自分がどの位置にいるのか自信がない不安の表れだといえます。このままでは、現在地が解らない状況で、急げば急ぐほど、走れば走るほど、目的地から離れて戻れない状況になってしまいかねない将来が来る可能性を表しています。一度、自分との会話の時間を取ってじっくり考えてみるのはどうでしょうか?そして、目標や指針と自分の現状を再確認し、一つ一つ無理のない計画を丁寧に立て、行動に移すことで前に進めていく必要がある時期にきています。

地図を見ながら探検をする夢の意味

地図を見ながら探検をする夢は、良い未来を暗示しています。大きな目標に向かうための行動力とやる気とを備えており、積極的に動き出すことができる状態と言えます。極力迷うことなく、確信を持って進んでいきましょう。またこの夢は、計画性を暗示してもいます。大きな目標に臨んでいても、行き当たりばったりでなく、しっかりとしたプランを立てて行動できる構図があります。全体の流れとしては非常に良い流れにあるので、恐れることなく目標に向けて突き進んでいきましょう。さらに頼りになる仲間を見つけることができれば、物事の成功はもちろん、対外的な評価も高まっていくでしょう。

地図を見る夢の意味

地図を見る夢は、新たな目標への意欲が暗示されています。かつて持っていた夢や目標とはまったく異なる状況であっても、やる気を持って取り組める意味合いがあります。不安を捨て、前に進むべき状態と言えます。一方この夢は、目標に向けた指針が暗示されています。大きな目標をこなすという望みだけでなく、そのためには何が必要なのかが、しっかりと理解できている構図があります。全体的にはかなり抜かりのない状況であり、以前のミスの影におびえる必要はないでしょう。初心を忘れず、長期間じっくりと取り組むことができれば、イメージ通りの成功を引き寄せることができるでしょう。

地図を描く夢の意味

地図に関する夢は、人生の目標にたどり着くために資するものという意味があります。地図を描く夢は、今いる場所から目標となる目的地までを描き動き出そうとしている予兆でもあります。もし、夢の中で地図をスラスラ描けていれば、今後の人生の見通しは明るいと考えられます。積極的に動きましょう。逆になかなか地図がうまく描けていない場合は、今後、人生の大事な選択肢にある時期が来ている予兆を知らせています。今まで棚上げしていたことがないか、今一度、自分との会話で人生を見つめなおし、これからの目標を立て行動する時期が近付いています。

地図を頼りに歩く夢の意味

地図を頼りに歩いている夢は、自分の目標へ動き出している自分の精神状態を表現しています。夢の中で地図を理解して、目的地までうまく進めている場合は、自分の置かれている現在地を理解し、順序良く選択して進んでいることを表しているので目標に向かってうまく進めていると考えてよいでしょう。逆に地図を見ながら迷っている場合は、今の自分の現状に不安を感じ、目の前の課題をきちんと整理されていない事を暗示しています。現状を見直す必要性が今後起こりうる可能性を示唆しています。もう一度、目標に対する自分の生活を見直すことが必要な時期が近づいているようです。

合わせて読みたい