夢占い

鯉の夢は【幸運の兆し】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

鯉の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

鯉の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況として、「人間関係の好調」「幸運の兆し」「生命力」といったことがあげられます。

縁起の良い、めでたい魚として広く認知されている鯉。鯉のぼりや錦鯉を思い浮かべる人も多いかもしれません。夢占いにおいても、鯉が出てきた場合はそのほとんどが吉夢です。

まず意味するのは、「幸運の兆し」です。鯉の滝登りということわざがあるように、飛躍を遂げて運気が上昇してくことを意味しています。

もう一つ意味するのが、「人間関係の好調」です。周囲との関係はかなり良いものとなるでしょう。そして、新たな出会いに恵まれるかも。

また、「生命力」を意味することもあります。というのも、鯉は滋養強壮に良い食べ物。それが夢に出てくるということは、活力に関するサインです。

鯉の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

鯉の夢を読み解く上でまず重要なのが、夢に出てきた時の印象や感情です。

鯉に対して良い印象が残る夢であれば、これはかなりの吉夢といえます。現実において、幸運に恵まれることを暗示しています。人間関係もうまくいき、活力も十分みなぎることでしょう。

逆に、悪い印象が残る夢であれば、それは不吉の予兆。特に気力や体力には要注意です。やる気が出なかったり、思うように動けなかったりすることがあります。リフレッシュが必要です。

鯉の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

鯉の夢を読み解く上では、どのような行動であったか、どういった場面であったかも大事になっていきます。

自分自身が主体になる場合は、今現在の状態を意味していることが多いです。それが良い印象のものであれば、自分自身の現在がかなり充実しているといえます。

自分自身が客観的に見ている場合は、これからのことを暗示していることが多いです。もし悪い印象のものであった場合は、これから何らかの不運に見舞われるサイン。ですが、備えあれば患いなしです。

鯉の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

鯉の夢を読み解く上で、登場人物が印象に残った場合は、その人も重要となってきます。

親しい間柄が出てきて、かつ良い夢だと感じる場合は、その人との関係がより深まることは間違いないです。

また、そうでない間柄の人であった場合はどうでしょう。この場合も、良い印象を残す夢であったのならば、仲が深まっていくことの暗示です。

知らない人であった場合は、新たな出会いの暗示です。そして、幸せの予兆を意味するのが鯉の夢。出てきた人と恋の夢を描く予兆だと考えてもいいでしょう。

合わせて読みたい