夢占い

菓子の夢は【依存】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

菓子が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

菓子が印象的な夢は「依存」「愛情の象徴」がキーワードです。

甘いもの、しょっぱいもの、酸っぱいもの、好みは人それぞれですが、ついつい手が伸びてしまうのが菓子です。間食ではなく主食になるほどの勢いで決まった菓子を毎日食べる人もいるのではないでしょうか。このイメージから、夢占いで菓子は「依存」のシンボルとされています。あるいは、本来であれば食事の補完やおまけ的なポジションにある菓子が印象に残る夢を見る時は何かに飢えていることの暗示と捉えることも可能です。

また、親が子に分け与えたり、好きな相手に菓子を半分あげるなど、愛情深い場面でも菓子はたびたび登場します。このことから「愛情の象徴」と解釈されることもあります。

菓子の夢を読み解く3つのポイント?:印象・感情

菓子の夢に対して抱いた印象・感情には、夢への理解を深めるヒントが隠されています。

夢に出てきた菓子が美味しい、食べやすいなどプラスの感情が強かった場合は、それだけ何かに依存している度合いが強く自分ではどうにも改善することのできない現状を映し出しています。さらに菓子の色がビビットであればあるほど、魅惑的で抜け出せない何かにハマってしまっている可能性があります。

逆に菓子が不味い、食感が悪いなどマイナスの感情が強かったならば、依存している現状を改善しなければと思う気持ちの表れです。あるいは菓子が象徴する「愛情」に飢えていて寂しい気持ちが強まっていることも暗示します。

菓子の夢を読み解く3つのポイント?:行動・場面

菓子の夢の中であなたがとっていた行動を思い出してみましょう。

大量の菓子を無心でバクバクと食べている、といった内容の夢の場合、今まさに依存の最中にいて、そのことを自覚しつつあることの暗示と解釈できます。逆に少量の菓子を食べている、少しずつ食べているといった状況であれば、依存しているものを現状ではなかなか摂取できておらず不満が溜まっていること、あるいはこれからのめり込める何かを求めてしまっていることを暗示しています。

菓子の夢を読み解く3つのポイント?:登場人物

菓子の夢に出てきた人物は誰でしたか?その人物は夢の意味を知るキーパーソンです。

家族や友人、同僚など普段から交流のある近しい人物が登場した場合、その人に対して依存心を持っていると捉えることもできますし、その人から愛情を受け取っている、あるいは愛してほしいと思っている心理状況の反映とも読み取れます。

逆にあなた一人が登場人物だった場合、自分の殻にこもってしまっている現状を反映しています。自分だけの世界にどっぷり浸っている、もしくは愛情不足で孤独を感じていることの暗示です。

合わせて読みたい