夢占い

失恋の夢は【現実への不安】ことの象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

失恋が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

失恋の夢は「現実への不安」のシンボルです。

失恋とは大きな感情の喪失を伴うものです。片思いが実らなくても交際相手との破局であっても、愛情を注いでいた相手への思いが叶わないということは心に大きなダメージが残ってしまいます。

実際に失恋を経験したのであればその思い出が夢にまで出てきていると考えたり、あるいは最近失恋したわけでもないのに失恋の夢を見たら違和感を覚えたりするかもしれません。しかしこの夢は実際に失恋したかどうかに関わらず、現実で何か大きなものを失うことへの漠然とした不安を暗示しています。

もしくは、自分を過大評価していることを暗示していることもあります。恋が実ることを期待してアタックした結果叶わない、という夢を見るということは、あなたが今自分の力量を見誤っていることを夢が教えてくれている可能性があります。

失恋の夢を読み解く3つのポイント?:印象・感情

失恋の夢を見た時の印象・感情を振り返って、より深く意味を読み解いてみましょう。

失恋して悲しい、つらいといった気持ちになったとすれば、現実に起こっていること、あるいは今取り組んでいてこれから結果が出ることに対してとても不安を感じている暗示です。悪い結果を想定し、そうなったら悲しくなるだろう、つらい思いをするかもしれないと思う気持ちが夢にまで出てくるほど強まっています。

逆に失恋してすっきりした、解放された感じがしたなどポジティブさを感じた夢だったなら、現実に不安を抱いていてもどこか楽観視している自分もいることの暗示です。

失恋の夢を読み解く3つのポイント?:行動・場面

失恋の夢はどんなシチュエーションで展開していたかを思い出してみましょう。

主観的な夢、すなわち自分が失恋する夢は、自分に自信がなくなっていて、現実で結果を残せないのではないかと不安を感じていることを暗示するパターンです。

逆に他人の失恋に関する客観的な夢だったなら、現実への不安を自覚しつつ冷静に受け止めていることが分かります。他人事であるという意味で、自分は大丈夫と慢心していることを暗示する場合もあります。

失恋の夢を読み解く3つのポイント?:登場人物

失恋の夢に出てきた人物は、夢の解釈の幅を広げるポイントになります。

昔の恋人や幼いころの友人など、古くからの知り合いが登場する夢であれば、今の自分に満足できていないことを示しています。「前は調子が良かったのに」「あの頃に戻りたい」と思う気持ちと、そうはいかない現実との間でもがいている現状を映し出している夢と解釈することができます。

また、最近知り合った人や顔見知り程度の人、あるいは全く知らない人が登場した場合は、先行きが見えず模索中だということの暗示です。

失恋する夢の意味

失恋する夢を見た場合の意味は「現実への不安がある」ことを暗示しています。 現実の中で不安に思っていることがあります。感受性がするどくなっており、ネガティブなイメージがつぎつぎに湧いてきます。 不安にとらわれたままでは、精神に負担がかかり続けてしまいます。こんなときは思い切って、不安の対象を観察してみましょう。不安の原因は物事を理解していないこと。客観的に知ることで、不安に思っていることの全容がつかめることもあります。またその際には科学的な書籍などが役に立つでしょう。災害に対しての不安の場合は理科系の書物、人間関係に対しての不安の場合は、心理学や人類文化学の本を読んでみるのもおすすめです。

過去に失恋した夢の意味

過去に失恋した夢を見た場合は「すでに起きた現実への不安がある」ことを暗示しています。 すでに起きてしまった失敗や、日々の中で漠然といだき続けているもやもやが、過去からの不安となっています。その過去の出来事が今も続いている場合もあるでしょう。状況が変わらないなか日々を続けなければいけないのは、苦しいものです。 そんなときは過去から目をそらし、現在の毎日に目を向けてみましょう。目的と手段が一致していない、目標が遠すぎるなど、具体的ななにかに気づければもうこちらのもの。不安はエネルギーがあることの表れでもあります。気持ちの良い行動に変えて、光り輝く状況を手にしましょう。

失恋した相手が出てくる夢の意味

失恋した相手が出てくる夢を見た場合は「現実への不安が起こる」ことを暗示しています。 運勢の変わり目です。変化のときですが、どのような方向へ変化するか、その過渡期の中にいます。チャンスがきたり、アクシデントが起きるなどするでしょう。そのようなときは不安も感じやすいものです。 自分が何に不安を感じているのか、見極めましょう。そして不安としっかり向き合うことで、その真実の正体を掴みましょう。幽霊の正体は柳であったともいいます。正体をつかめばやるべきこともわかります。何事でも、動きのあるときは前進のチャンスです。

片思いの人に失恋する夢の意味

片思いの人に失恋する夢を見た場合は「心を注ぐ対象に現実への不安がある」ことを暗示しています。 周りが見えないほどなにかに熱中することは悪いことではありません。けれど熱中するあまり、独りよがりになってはいませんか。夢はそれに起因するなにかが起こるかもしれないことを教えています。 恋愛・趣味・仕事などあなたがなにかに心血を注ぐことができているのは、支える誰かがいるからこそです。出発のときは誰でも力が入りがちになるもの。あなたの常識にとらわれない素晴らしい想像力はそのままに、焦らず、しっかり周りを見て進みましょう。

失恋して号泣する夢の意味

失恋して号泣する夢を見た場合の意味は「現実への不安から感情が激しく動いている」ことを暗示しています。 不安に感じていることに気づいていますか。日々の行動や関係のある人々を思い出してみましょう。まずは自分が感じている不安な気持ちに気づくことが大切です。それは漠然とした未来や目に見えない事象かもしれません。 とはいえ、不安にとらわれている限りはいつまでも解決には向かいません。不安に思っていることを紙に書き出してみてください。客観的な視点で見直すことで気持ちが軽くなることもあります。いったん離れた視点に立って、冷静な自分を起こしてみてください。

初恋の相手に失恋する夢の意味

初恋の相手に失恋する夢は現在の恋愛への不満を表します。初恋相手はあなたの理想的な男性の象徴で失恋は現実への不安を意味します。恋人やパートナーがいる場合は今の相手と初恋の相手を比べて不満を抱いていて、このまま一緒にいても良いのかと将来までも不安に思っていることを表しています。恋人がいない場合は初恋の人の様な理想的な男性が現れず本当に自分が好きになれるような人が見つけられるか不安に感じています。どちらにしても昔の恋愛を美化しすぎています。現実を見て今目の前にいる人と向き合うことが大切です。昔ばかり振り返っていると、いつまでたっても幸せを実感できません。どうすれば充実した恋愛が出来るかを真剣に考えてみて下さい。

知らない人に失恋する夢の意味

知らない人に失恋する夢を見た場合の意味は、「恋愛に対して不安を持っている」ことを、暗示しています。過去の体験から、自分自身の魅力への評価が低く、新しい恋愛に踏み出せなかったり、片想いの相手へのアピールを諦めてしまっていることを、表しています。ですが、この不安は、心の傷になるほどの、大きなものではありません。信頼できる人に、話を聞いてもらえば、すっきりするでしょう。不安は多少は高まっていますが、恋愛運そのものは、非常に好調な時期です。不安なことがあれば、人に相談して、心を軽くしましょう。そうすれば、自分の持つ魅力が、輝き始めるでしょう。

失恋した相手が出てくる夢の意味

失恋した相手が出てくる夢は、あなたの心境を暗示しています。この夢での相手が出てくるとは、実際の経験や体験を意味しています。様々な後悔や考えが巡っている状況でもいたずらにとらわれることなく、前向きに過ごしていきましょう。一方この夢は、チャンスを認識していることを暗示してもいます。機会を逃してしまった実感があるからこそ、深くとらわれてしまうという構図があります。とは言え、過ぎたことにこだわったところでいいことはありません。気持ちを切り替えることが重要です。その上で、過去の経験を糧にすることができれば、将来の成功につなげていくことができるでしょう。

失恋した人と復縁する夢の意味

失恋した人と復縁する夢は、現状の心理を暗示しています。過去の恋愛などの問題に区切りをつけ、心機一転していくことができるという意味合いです。恋愛運が向上している状態だと、明確に見て取ることができます。一方この夢は、かねてから抱いていた不安の解消を暗示する意味合いもあります。区切りがついたことで、今まで嫌な印象で見ていた人に対しても、再評価ができるようになった状態と言えます。現実の恋愛を予知している夢ではありませんが、恋愛運はかなり向上しています。意中の人にアプローチをしていければ、親密な仲になることもできるでしょう。

合わせて読みたい