夢占い

竜巻の夢は【怒り】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

竜巻の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

 
全てのものを巻き込み破壊してしまう竜巻の夢は、怒りや混乱、試練、トラブルなどを象徴しています。
竜巻で甚大な被害を受ける夢は、突然な事故や事件などに遭遇したり、大きな試練が待ち受けていて、日常が急激に変化することを暗示しています。
竜巻の後に被害がなかったときは、身近でトラブルは起こりますが、自分は巻き込まれることなく災難を逃れられます。
空中高く巻き上がる竜巻は、押えきれず湧き上がる感情の現れでもあります。
現実の世界で感情のもつれから激情して大きなトラブルに発展する可能性があるので注意が必要です。
竜巻の夢は総体的に凶夢の場合が多いのですが、破壊の後には必ず再生が始まります。
辛い試練の後には大きな成果が得られることを信じましょう。

竜巻の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

竜巻の夢を見たときあなたはどんな気持ちでしたか?竜巻にどんな印象を持ちましたか?
迫りくる竜巻に恐怖を感じてたときは、今あなたは現状に不安を抱えているのかもしれません。
反対に竜巻に負けまいとする強い気持ちのときは、前向きに問題を解決しようとしている気持ちの表れです。
竜巻が過ぎ去ったり、目の前の竜巻が消えて安堵している気持ちのときは、今の問題が解決したりトラブルを回避できることを暗示しています。

竜巻の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

竜巻の夢をみたときに印象に残った状況を思い出してみましょう。
家が壊れたり、砂嵐がおきて目の前が見えなくなることもあるでしょう。また、雷が落ちたりいくつもの竜巻が現れたりすることもありますね。
どの竜巻の夢も破壊と消失を暗示しており、何らかのアクシデントで今の生活をが一変してしまう可能性あることを示唆しています。
一見マイナスな夢のようですが、自分自身が変化することで大きく飛躍できるということも意味しています。

竜巻の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

竜巻が現れたときの状態や竜巻のかたちや色によっても暗示されることが違ってきます。
黒い竜巻は劇的な変化や苦境があらわれるという凶夢です。竜巻の色が黒ければ黒いほど困難の度合いが深くなります。
小さな竜巻がいくつもおこったときは無意識に心身のバランスを保とうとしているのかもしれません。
破壊の竜巻と幸運の守り神である龍が同時に現れる夢は吉凶が組み合わされた運気が訪れる予兆です。
大きな変化のあとで飛躍的に好転するという暗示です。

合わせて読みたい