夢占い

祭りの夢は【羽目をはずしたい】ことの暗示!?|3つのポイントで夢の意味を診断

祭りの夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

祭りの夢を見たときその夢は「羽目をはずしたい」ことを暗示しています。

祭りの時期は屋台が出たり神輿を担いだ人たちが練り歩いたり、普段の景色がガラッと変わり非日常な空間が現れます。楽しもうとする人にあふれ、羽目をはずしたくなるでしょう。最近ではハロウィンや大晦日のカウントダウンでもお祭り騒ぎで羽目を外している人が見られますね。

また、祭りを行うには地元の人々の協力・連携が不可欠です。羽目を外すという暗示とは裏腹に、社会的なつながりや人間関係を象徴することもあります。

現実逃避をしたいときや立場や人間関係について思うことがあるときに、よく祭りの夢を見るようです。

祭りの夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

夢の中であなたはどんな印象・感情を抱いたでしょうか。

忙しい・楽しめない・面倒といった苛立ちを感じるほど、あなたは今の生活にうんざりしています。家庭・職場・学校などで様々な束縛を感じ、羽目を外したいという深層心理があるはずです。

逆に楽しい・興奮・自由などの開放的な印象であれば、どんなところでものびのびとできています。ただ、あなたがのびのびしていることで、他の誰かにしわ寄せがきているという警告夢の可能性もあります。羽目の外しすぎに要注意です。

祭りの夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

祭りの夢は、その場面や行動によってあなたの人間関係が円滑かどうかを示します。

自分が主体となっている場合は、人間関係に少し問題ありのサインです。普段の行動で周りが見えなくなっていませんか?あなたの振る舞いを迷惑に思う人がいる可能性があります。

客観的にみている場合は、あなたが気配り上手であることを示しています。自分の行動や周囲の人との関りを俯瞰的にみることができています。

祭りの夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

祭りの夢はどれだけの人が登場するかによっても意味が変わります。

出てくる人数が少ないほど、今のあなたは人望がない傾向にあるようです。あなたの振る舞いが原因のこともあれば、時期や今いる環境が悪いだけの可能性もあります。よく振り返って、後者の場合は時間による解決や環境の変化を求めてみましょう。

人数が多いときは、周囲の人とのコミュニケーションがうまくいっています。不安に思うことがもしあったとしても取り越し苦労になる暗示です。

合わせて読みたい