夢占い

蚊の夢は【悪意】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

蚊の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

蚊の夢を見たときのキーワードは「他人から悪意を持たれている」です。

蚊は感染症の原因ウイルスを運ぶ種もいることから、衛生害虫と呼ばれます。近年では、人間が眠りを妨げられるほど蚊の飛ぶ音に敏感なのは、蚊の運ぶウイルスから身を守るために進化した結果なのではないかという仮説が出るほどです。このように、蚊は危険を象徴する虫でもあります。

また人や動物を刺して血を吸い、その上刺した場所をかゆくするという生態から、面倒な人・ことを象徴することもあります。面倒な人やことは理不尽にやってきますし、エネルギーを吸い取られているような気にもなります。

あなたの夢はどんな夢だったでしょうか。夢が伝えるメッセージを読み解いていきましょう。

蚊の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

蚊の夢の中であなたはどんな感情を抱きましたか?

うっとおしいなど、蚊が目立つような印象を受けるほど他人から悪意を持たれている可能性が高いです。逆恨みの場合もあります。しばらく身の回りに気をつけましょう。

蚊があまり気にならず存在感が地味な印象の場合は、あなたに悪意を持つ人がいないことを示します。それなのに蚊の夢を見るということは、あなたの疑心暗鬼を諫めている可能性があります。もう少し気楽になろうという夢からのメッセージです。

蚊の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

蚊の夢は、その場面によって周囲の人からどれほど影響を受けているかがわかります。

狭く囲われていて閉鎖的な場面であるほど、面倒な人・ことに追いつめられている暗示です。自覚がない場合もあるでしょう。逃げ場がないと感じていることの表れです。頼れる人や場所を探しましょう。

広く開けた場所で開放的な場面であれば、面倒に感じていることや人は、実はさほどあなたに影響を与えていないことを示します。深く考えすぎない方が良いでしょう。

蚊の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

蚊の夢にどんな人が出てくるかによって、あなたにどんな面倒ごとや危険が訪れるかがわかります。

家族なら家庭内のトラブル、恋人なら恋愛関係のトラブル、同僚なら職場のトラブルというように、何に気をつければよいかを夢が伝えています。

もし知らない人が出てきた場合は、通勤・通学の途中や旅先など思いがけない場所で思いがけないトラブルに遭いそうです。

日頃から用心しておきましょう。

合わせて読みたい