夢占い

別れ話の夢は【恋人との関係の変化】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

別れ話の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

別れ話の夢を見たときのキーワードは「恋人との関係の変化」です。

たとえ夢だとしても、恋人と別れる夢を見るのはつらいものです。本当に別れてしまうのではないかと心配にもなるでしょう。

しかし夢占いにおける別れ話は正夢ではなく、逆夢や警告夢といったものが多いといわれます。あなた、もしくは恋人が二人の関係をより良いものにしたい・ステップアップしたい、というときにも別れ話の夢を見ることがあるのです。

心配するよりもまずはあなたがどんな夢を見たのか、3つのポイントに沿って思い返し、夢のもつメッセージを読み解いてみましょう。

別れ話の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

別れ話の夢の中であなたはどんな感情を抱きましたか?

強引に感じられる場合は、恋人との関係がより深まるという暗示です。別れ話を強引に感じるということは今の関係が良好で、別れる理由がないということです。

自然な流れに感じられる場合には、お互いに何か不満があり、相手に変わってほしいと思っている暗示です。無意識にフラストレーションをためている可能性もあります。こまめにコミュニケーションをとって、わだかまりをなくすようにしましょう。

別れ話の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

別れ話の夢は、その場面によってあなたや恋人が今の関係をどう思っているかがわかります。

騒がしくにぎやかである場面であるほど、マンネリを感じ新たな刺激を求めている暗示です。にぎやかさは出会いやチャンスの多さのシンボルです。その中で別れ話をするのは、相手に物足りなさを感じている証拠です。

逆に静かで落ち着いた場面であるほど、今の状態に満足していることの表れです。恋人に特に求めるものもなく、今のままで充分だと感じているはずです。

別れ話の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

別れ話の夢にはどんな人が出てきたでしょうか?

同性が出てきた場合、あなたが嫉妬深くなっていることの表れです。でも思い込んでいるだけで、本当は恋人はあなた以外には全く興味がないということも。嫉妬で突っ走らずに、恋人とよく会話してみましょう。

異性が出てきた場合はあなたが少し浮気性になっているかも。実際に浮気性じゃなくても、恋人が何かしら嫉妬している可能性があります。言動に気をつけましょう。

合わせて読みたい