夢占い

ドアの夢は【未知】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

ドアの夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

ドアの夢のキーワードは「未知」です。現実世界でのドアは場所と場所をつなぐものですが、夢の中のドアは時間と時間をつなぎます。ドアの手前が過去や現在、ドアを開いた先が未来を示します。開くまでその先がどうなっているかわからないというところから、夢の中では未来を暗示し「未知」というキーワードを持ちます。

またドアの前に立つとき、その先はあなたが進もうとしている場所です。そこから夢では、自分がこの先どうなるのかという「自らの可能性」を象徴します。さらに、「自らの可能性」から転じて「チャンス」という意味も持ちます。

あなたが見た夢はどんな意味を持つのでしょうか。夢を読み解く3つのポイントを見ていきましょう。

ドアの夢を読み解く3つのポイント?:印象・感情

ドアの夢の中であなたはどんな感情を抱きましたか?

気持ちが暗くなる夢だった時、あなたは今将来に不安があります。うまくいかないことが多く、未来に見通しが立たずに心配な気持でいっぱいなのではないでしょうか。

気持ちが明るくなる夢だった時は、あなたが今いろんなことでうまくいっている証拠です。訪れる未来に不安はなく、受け入れる準備も整っているでしょう。

ドアの夢を読み解く3つのポイント?:行動・場面

ドアの夢は、その場面によってあなたが今の状況に変化を求めているかどうかが分かります。

大きなドアだったり開かれていたりと開放的な場面であるほど、あなたは今の状況を打破したいと考えています。いつも現状を変える何かを探しているので、チャンスをつかみやすくなる暗示です。

小さなドアだったり堅く閉じられていたりと閉鎖的な場面であるほど、あなたは変化を拒んでいます。もしくは今の環境が心地よく、変わりたくないのかもしれませんね。

ドアの夢を読み解く3つのポイント?:登場人物

ドアの夢に何人くらい人が出てきたかに注目してみましょう。

たくさんの人が出てくるほど、あなたは自信に満ち溢れています。「自らの可能性」を象徴するドアの夢にたくさんの人がいるということは、自分自身の可能性をたくさんの人が期待してくれていると実感している暗示です。

逆に人数が少ないほど、あなたは今の自分に自信がないようです。自ら変化を求め動いてみましょう。

合わせて読みたい