夢占い

屋台の夢は【コミュニケーション】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

屋台の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

屋台の夢を見たとき、その夢は「コミュニケーション」を暗示しています。自動販売機やネット販売と異なり、屋台は店主と会話をしたりその場で飲食をしたりと何らかのコミュニケーションがある場所です。屋台の夢は人との関りをイメージさせます。

他にも屋台はお祭りや縁日の印象が強く、「非日常」「特別感」なども暗示することがあります。また、常設してあるものでもそこで買い物をするときはコンビニやスーパーとは違ったわくわく感がありませんか?屋台はそんな、少し舞い上がってしまうような気持ちを象徴しています。

あなたが見た夢が実際には何を伝えているのか、シチュエーションなどから考えていきましょう。

屋台の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

夢の中での屋台に対する印象には、あなたが自分の人生をどう評価しているかが反映されています。

色味がないとか特に惹かれないといった地味な印象を抱くほど、それはあなたが今の人生に満足しておらず、豪華な生活を求めていることを暗示します。非日常に憧れ、少し地に足がついていない状況です。

金魚すくいやカラフルな食べ物の販売など華やかな印象を持ったら、自分の人生に楽しさや幸せを見出し満足できている暗示です。

屋台の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

屋台の夢を見たとき、どんな場面だったかを考えてみましょう。

縁日のように開放的であるほど、あなたの対人運が上昇しています。たくさんの人とコミュニケーションをとることでいろんな道が開ける兆しです。

夜中に常連さんだけが来る、というような閉鎖的な場面はあなたの対人運の低下を暗示します。今はあまり交友関係を広げすぎない方が良さそうです。親しい人との交流を大切に、狭く深くコミュニケーションをとりましょう。

屋台の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

屋台の夢に出てくる人の数によって、あなたの家族との関係が分かります。

出てくる人数が少ないほど、あなたは家族との関係が良好でない可能性があります。気づかないうちに身近な人に負担をかけていませんか?きちんとコミュニケーションをするべき、という警告夢ととらえて気をつけましょう。

逆にたくさんの人が出てくるほど、あなたは家族円満の傾向にあります。身近な人からの癒しや支えにより、自身の大きな飛躍が期待できます。

合わせて読みたい