夢占い

台風の夢は【不安定】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

台風の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

夢に出てくる台風が持つキーワードは「不安定」です。

実際に台風が来た時も普段通りの行動ができなかったり、危険が迫ったりと不安定な気持ちや生活になりますね。そのイメージ通り、夢で台風を見たときはあなたの気持ちや運気などが不安定になっていることを表します。

もしあなたが自覚していなかったとしても、あなたの潜在意識があなた自身に不安定な部分があることを伝えてくれています。

しかし、何が印象的だったか・どんなことが起こったかによってその夢が暗示するものも少し変わってきます。

あなたがどんな夢を見たのかよく思い返して、台風の夢を読み解いていきましょう。

台風の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

夢の中で台風に対する印象によって悩みの重さも変わってきます

台風に対して恐れや逃げたいなどのネガティブな印象を抱いたとき、あなたは先の見えない将来を不安に思っています。現在何かにつまずき、うまく進路を思い描けない状況にあるのかもしれません。早期解決は難しい状況です。

台風に対して簡単にやり過ごせるというようなポジティブな印象を抱いたら、その夢は今あなたが心配に思っている事柄が意外とすんなり解決することを暗示しています。

台風の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

次に、台風を夢で見たときどんな場面だったかに注目しましょう。

雨よりも風の被害が大きい場面だった場合、対人運の低下を表しています。現実世界での人間関係が不安定になる暗示です。

雨の被害が大きな場面だった場合は、運気の変化を示します。今現在が良い運気なら今後は下降気味、逆に今ツイていないなら今後上昇する見込みです。

どっちの場面も現在の状況が長く続くものではないことを伝えています。

台風の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

最後に、夢の登場人物に注目しましょう。

台風の夢にあなたが好意的に思っている人が出た場合、その人との関係が良い方に大きく発展することを暗示します。

逆に苦手に思っている人が出てきたなら要注意です。その人との間にトラブルが起こる暗示です。修復不可能なほどの溝ができてしまうこともあるようです。

どちらにせよ人間関係が大きく変わる暗示ですので、うかつな言動は控えましょう。

合わせて読みたい