夢占い

万引きの夢は【不満】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

万引きが意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

万引きの夢のキーワードは「不満」です。単調な毎日で不完全燃焼、満たされない気持ちを抱いていることの暗示です。罪を犯してまで欲しいものを手に入れる夢を見るほどに、なりふり構わず欲望に駆られている状態を反映しています。

「不満」というと気持ちの面を想像しがちですが、万引きの夢は物理的な欲求不満のシンボルでもあります。どうしても欲しいものがあり、それを万引きする夢であれば分かりやすいですが、全く関係のないものであっても深い意味を持ちます。

また、ルールに背く、罪悪感を抱かざるを得ない万引きという行為を夢に見てしまうということは、実際に人には言えないような後ろめたさを抱えていることの暗示と捉えることもできます。

万引きの夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

万引きの夢を見た時、どんな気持ちになったかを思い出してみてください。

「とんでもないことをしてしまった」「これからどうしよう」といった罪悪感が強ければ強いほど、今抱いている不満や、それを解消したい気持ちが大きいことを示します。その一方で、不満が解消された先の未来への不安も抱いていることを暗示しています。

逆に爽快感や達成感といった感情が強かった場合は、不満を解消するための打開策を見いだしつつあることの暗示です。

万引きの夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

万引きの夢の中であなたの取った行動や、どんなシチュエーションで万引きをしていたかは、この夢を読み解く重要なポイントです。

万引きがバレる、あるいはバレて逃げる夢だった場合、満たされない欲望を発散することに躊躇している現状を反映しています。逆に隠し通せた、あるいは正直に白状した夢の場合は、欲望を押さえ込もうとする気持ちの表れと捉えることができます。

また、スーパーやショッピングモールなど、場所の規模が大きいほど欲望が大きいことを示し、個人商店など小さな店で万引きしていた場合は心の内に秘めたささやかな欲望であることが分かります。

万引きの夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

夢の中であなたは、一人で万引きをしましたか、それとも集団で行動していたでしょうか。

単独行動だった場合、手に入れたい物事はあるものの、五里霧中で何から手を付けていいかわからない現状を反映しています。集団で行動していた場合、集団の中のメンバーが知り合いだったか、見覚えのない人だったかもポイントです。知り合いの場合はその人を利用しようとしている、もしくは自分自身が欲望を叶えることで陥れられるのではないかという不安の表れです。赤の他人であれば、欲望を叶えるために手段を選ばない自分の罪を被ってくれるような存在を探し求めている気持ちがあることを暗示します。

合わせて読みたい