スピリチュアル

知らないうちにあなたもやっているかも!チャネリングの真実とは?

チャネリングとは、スピリチュアルの分野ではしばしば耳にする言葉ですが、最近は一般的にかなり知られるようになりました。それはチャネリングがすごく特別な人にだけ関係するものではないことを意味しています。

日常的に、あなたもあなたのとなりの人もチャネリングに関わっているかもしれません。そして自分では気づかなくても、チャネリングをやっていることもあるのです。

今回はチャネリングについて、その意味や方法、注意点等をお伝えします。これからのあなたの未来に、このチャネリングが大いに役立つかもしれませんよ。

高次元とのコミュニケーション!そもそもチャネリングとは?

この世の中には目には見えないものの存在があります。例えば、神、天使、既に亡くなられた人、宇宙人等々です。地球を三次元とすると、その次元を超えた高次元にいる存在のことです。チャネリングとは、それらの存在とコミュニケーションを図るひとつの手段なのです。

そしてチャネリングを行う人のことをチャネラーといいます。チャネラーは、自分の意識の周波数をコンタクトを取りたい存在に合わせることでチャネリングをすることができます。

ではその周波数を合わせるとは、どういうことでしょうか?それはラジオとも同じです。ラジオの周波数をある数値にするとラジオ局につながり声や音楽が聞こえますよね。テレビのチャンネルを変えると番組が変わるのも同じです。

自分の意識のチャンネルを高次元に合わせると、そこの存在とつながる訳です。

チャネリングとはどんな存在とつながるの?

先にも述べましたが、チャネリングは神、天使、宇宙人、死者等の見えない存在とつながり行われます。その存在からは、人間が学び成長するためのアドバイス的なことを、必要があればメッセージとして受け取ることができます。

ただ見えない存在というのは人間にとってありがたいものばかりではありません。そのありがたくない存在とは、低級な霊であったり意識レベルの低い宇宙人であったりします。それは、チャネラーがそういう存在たちともつながってしまうこともあることを意味しています。

つまり、チャネラーの意識がしっかりしていないと低い意識とつながってしまうのです。そこからはネガティブなメッセージが発信されます。中には神のふりをしている神ではない低級霊の場合もありますから、そことつながるとマイナスや偽りの情報を受け取ってしまうことになるのです。

チャネリングとはどんな形で現れるの?

チャネリングはどういう形でわたしたちに伝えられるかというと、それはいくつかのパターンがあります。

人々にチャネリングのメッセージを伝えるチャネラーは、よくあるケースとしてはそのチャネラーの声を借りてメッセージを伝えます。つまりチャネラーが高次元からの情報を、口でしゃべるということです。

また別パターンでは自動書記というものもあります。自動書記とは、そのチャネラーが意識を高次元に合わせてペンを持つと、その手が無意識に動き出し、紙にメッセージを綴っていくというものです。ワープロ等で、手が自動的にキーボードを打つ場合もあります。

そしてとくにチャネラーという人でなくても、わたしたちが自然とチャネリングしていることもあるのです。それはふと感じた直感であったり、無意識に人に伝えた言葉であったり、誰かに手紙を書く時に妙にスラスラとペンが進むときもそうだったりします。

また、チャネリングメッセージは文章とは限りません。芸術家が絵を描いたり、音楽を創作したりするときなどにもチャネリングは起き得ます。意図せず自然とアイデアがどんどん湧いてくるときなどは、高次元とつながってチャネリング状態になっていることがしばしばなのです。

チャネリングは誰にでもできる?

誰でもチャネリングをできる要素は持っています。そしてたいがいの場合は皆「直感」という形で、気づかずに高次元からのメッセージをキャッチしています。ふと気になった言葉、思い浮かんだ人、つい目が向いた方にあった文字等は、無意識のチャネリングであることが多いです。

ただそれらの場合は、本人はチャネリングをしている自覚はないので「気のせい」と思ってしまう人がほとんどですね。しかし、そのチャネリングを意識して行えるのがチャネラーです。チャネラーは自分の思考ではないメッセージを理解し、人に伝えます。

そしてチャネリングをして報酬を得ている人はプロのチャネラーです。職業の一部としてやっている人もいますし、チャネリングが本業の人もいます。

一般の人がチャネラーになろうと思えば、それなりの訓練やトレーニングが必要となるケースが多いでしょう。ただ生まれながらに、チャネラーとしての能力が備わっている人もいますよ。

ですから、プロとして活動するのは別として、普段もチャネリングの状態になることは誰にでもあるのです。

チャネリングができるメリットや恩恵は?

チャネリングができたら、やはり圧倒的に便利ですよね。見えない存在が、人間としては到底わからないことを教えてくれるのですから。次元を超えた情報な訳ですから、過去や未来のこともわかります。また場所も関係ありませんから、離れたところにいる人の様子も知ることができるのです。

ただチャネリングは、個人的な私利私欲を満足させるためには機能しません。あくまでその人が学び成長するためのサポートとしての情報をくれます。ただ楽をして生きたいだけのために何でも教えてくれる訳ではないのです。

それでも人生において、もう自分ではどうしていいかわからないことに対して、人間の脳みそでは思い浮かばないような解決策を授けてくれることもあるのです。そういう意味でチャネリングを活用すれば、人生の可能性は大きく広がるといえるでしょう。

チャネリングメッセージは役立てるもの

チャネリングメッセージは、聞いて満足するものではなく、実際に行動して役立てるものです。ですから、その気がないのにただ質問ばかりしても答えは返ってきません。自分が今後「こういう現実を手に入れるには、今どうしたら良いか」という問いには回答が得られるでしょう。

また、本人が自分の意志で動かないのに、高次元からのメッセージはきません。ただ言われたことをやろうというのでは学びにはなりません。

例えば「今日は誰に会うといいことがありますか?」とか、「何の仕事をしたらお金持ちになれますか?」のような質問をしたいとします。しかしそのために自分が試行錯誤して動いたり、悩んであれこれチャレンジしなければ、そこに対するメッセージはやってきませんよ。

チャネリングメッセージはあくまでサポートです。鉄棒の逆上がりができなくて、何十回もチャレンジしているところに、あるときちょっと背中を押してくれる力が働くのです。それがサポートです。最初から安易に高次元の力は貸してはくれませんよ。

あなたがチャネリングをしたい目的は?

あなたがチャネリングを活用したいなら、その目的は何ですか?仕事で成功したい、理想のパートナーを得たい、お金持ちになりたい等、いろいろあって結構です。そのどれにもチャネリングは活用できます。

例えば仕事で成功するには?という問いに対しては、あなたがどんな職種が向いているかのアドバイスをもらえるでしょう。ただその前に、あなたは何をしたいのかを逆に問われるかもしれません。あなたのやりたいことがわからなくて、ただ「成功」を求めても答えはないでしょう。

また、理想のパートナーを得るには?と質問した場合、その理想が高ければ高いほど、あなたもそれに釣り合うように成長が必要です。ですから、その成長のために、途中何人かの人との出会いが必要かもしれませんし、成長のための少し厳しい壁のようなが助言があるかもしれません。

そしてお金持ちになりたいという問いにも、あなたがしあわせであることを前提にしたお金持ちになれるようにアドバイスがくるでしょう。それはお金を得たから不幸になる人もいるからです。大金を得てもお金のエネルギーに負けないあなたになるような、学びのアドバイスを得られるでしょう。

このようにチャネリングでは、願いごとなどの質問に対してのさまざまなメッセージを得られます。もし、「ただ楽をしたい」「怠けたい」「面倒から逃げたい」という目的で質問をしても、その期待を満足させる返事は返ってこないでしょう。

あなたもできるかもしれない!チャネリングの実践方法

チャネリングは特別な選ばれた人の能力とは考えないでください。あらゆる人にそのメッセージを受け取る機会は訪れています。でもたいがいは、知らないうちにメッセージを「自分で気づいたかのように」活用していることが多いです。

ですから、チャネリングができるようになりたいなら、本気でそれを信じているかどうかが重要です。本気ならば、訓練次第でその能力の感度を伸ばすことはできます。その気になれば、高次元の存在とかなり密なコンタクトもとれるかもしれませんよ。

ではここから、チャネリングの実践に向けてのひとつの方法をお伝えします。

メッセージを受け取りやすい環境を整える

まずは自分が安らかでいられる空間を作りましょう。誰にも邪魔されず雑音がなく、自分ひとりの快適な空間に身をおくのです。心地よい風や、鳥のさえずり、川や波の音等が聞こえるのは、より気が静まり、ち着けるでしょうね。大好きなアロマも香りを吸い込みながらも良いですよ。

そして何かひとつ意識の中で質問をしてみましょう。天や宇宙に向かってとか神様をイメージしても良いです。自分の悩み・疑問等を投げかけてみます。投げかけたら、返事を待ちます。

自分がチャネリングメッセージを受け取っているのかどうかは、最初はよくわからないかもしれません。でもなるべくリラックスした環境に身を置くと、ふと「これかな?」という直感を感じやすいかもしれません。

何も感じなければ、いつかその返事は来ますから、質問は終わりにしましょう。ある時あるタイミングで、その返事がやってくるでしょう。

これは自分自身の感覚を磨く練習です。あくまで自分の感性を大切にしてください。その空間にいると、どんどんリラックスできて安心できて「ほっとできる」環境が理想ですよ。

メッセージを受け取りやすい自分自身になる

チャネリングメッセージを受け取りやすくなるには、自分自身の心の詰まりをキレイにすることです。キレイではない状態はどんなかと言うと、不安、心配、ネガティブ、恐怖、雑念などの思いがしつこくある状態です。

自分の心の状態をイメージするには、一本の筒や管のようなものを思い浮かべてみることです。つまりその筒や管の中がとてもキレイに掃除されていて、水や空気がとてもスムーズに流れるのです。それが心に雑念のない状態です。

反対に筒や管の中に余計な思考や執着がこびり付いていれば、それらの影響でメッセージを正確にキャッチできなくなります。あなた自身がチャネリングの存在を信頼し、自分自身を信じることができたときに、本物のメッセージを感じ取れるようになるでしょう。

重要なメッセージを見逃さないために

チャネリングメッセージはあなたの学びと成長のための最良のアドバイスとなるでしょう。ただそれは必ずしも、耳触りの良い内容のものばかりではありません。その人にとって必要なことであれば、時には厳しい内容のこともあるのです。でもすべては本人のためです。

人生が最高の経験の時間になるためには、楽しいアドバイスばかりではないということを知っておいてください。どうしても気をつけた方が良いことがその人にあるなら、そのことがメッセージとしてくるでしょう。その時に拒絶をして、嫌なことは聞きたくないとはしないことです。

チャネリングメッセージで重要なことを逃さないためには、耳が痛いようなこともしっかりと聞き入れることです。最初から自分に都合の良いと思われることだけ聞いて、苦言に耳を傾けない人には、本当に自分のためになるアドバイスには気づけないでしょう。

チャネリングを受ける・行う際の注意点

あなたがチャネリングに関心があれば、自分でチャネリングを勉強をしたり、プロのチャネリングを受けたいと思うでしょう。しかし興味もあると同時に、何らかの不安や心配もあるかもしれませんね。それはとくに「本当に確かなものとつながっているのかどうか」でしょう。

それは科学的に証明できるものではありません。受ける方としてはチャネラーを信じるしかないのです。しかし「プロ」として活動しているチャネラーでも、必ずしも高次元の存在につながっていないことも考えられます。

ここから、チャネリングについての注意点をお伝えします。もしチャネリングに関わる時にはこれらの点を考慮して、最後は自分で判断してください。

誰かからチャネリングメッセージを受け取る際の注意点

プロのチャネリングを受ける際ですが、まずは人としてのその人の成りを見てください。挨拶もままならないとか、あなたに対しての気遣いや配慮など、接した雰囲気が変に感じたらやめた方が良いでしょう。人間としての心の在り方はとても重要です。

そして料金が安すぎても心配です。内容が確かであればそれほど値下げは必要ないはずです。もし安くしないとお客が来ないという意識があるチャネラーはお勧めしません。高ければ確実という保証はありませんが、ある一定の金額設定は信用に値します。

またチャネラーの中には、まだ新米であるとか練習中なので、無料で相手役をやってほしいなどという人がときどきいます。そういうケースは、どこからメッセージがくるのかわからず危険です。チャネリングとはとても大事なメッセージを伝えるものですから、無料だからといって安易に受けないことです。

他に、チャネリングの勧誘・押し付けにも気をつけましょう。高次元の存在は決してそんなことはしません。「あなたに大事なメッセージがある」とか「これを聞かないと危ない」などと言うチャネラーには近づかないことです。

不安や恐怖からくるメッセージとは?

チャネリングを受ける際も自分でする際も、高次元からのメッセージには、不安や恐怖を煽るものは一切ありません。「こうしないと事故に遭う」「言うことをきかないと地獄に落ちる」みたいな表現は低次元のものからの怪しい情報である可能性は大です。

高次元からの愛のメッセージは、何かトラブルめいたことの予感があっても、必ず回避策を知らせてくれます。ですから「必ずこうしなければならない」という表現もしません。そして命令もありません。

なので、質問者に一度怖い思いをさせてから、「そうならないためにこうしなさい」という流れの手法は信用しないことです。どこかに恐怖を植え付ける要素がある内容は信じてはいけませんよ。

したがって、チャネリングを受けていても自分でしていても、不安や恐怖が増幅してくる感じがしたら、一度中止することです。そのまま続けては人間として冷静な判断ができない事態になってしまいます。

エゴや低次元からくるメッセージとは?

エゴや低次元からくるメッセージには気をつけなくてはいけません。中には神の名を語る偽の存在もいます。

まずエゴや低次元からのメッセージは、個人の欲だけを満たすような内容のものがあります。「こうすればお金持ちになれる」や、「これで意中の人をコントロールできる」などのようことはそう次元の存在は言いません。ただ欲求を満たしたり、楽をして願いを叶える方法等は信じては危ないです。

また低次元の誘い文句として、「これをやれば絶対こうなる」という保証のような表現もあります。ただ人の未来に「絶対」はありません。逆に無限の選択肢があります。「絶対」「必ず」という言葉に釣られないことです。

そして当然ですが、高額な金品を要求されたり、高額な投資をすすめるようなメッセージも、信用なりませんよ。無理強いをしたり罰が当たるということが含まれるメッセージもシャットアウトすることです。

メッセージは即得られるとは限らない

チャネリングを自分で実践した場合、返事がすぐに来るとは限りません。例えばある悩みを質問したときに、すぐにはメッセージらしきものを何も感じられないことはよくあります。ただそれで不安にならないでください。その返事は数日後、数週間後、またはもっと先に来ることもあるのです。

質問に対しての返事は、直感で来る場合もあり、誰かがしゃべる言葉が答えになっていたり、ふと見た街の看板に書かれた文字が答えだったりします。きっとあなたが予想できなかったような方法でメッセージはやってきます。

そしてそのメッセージをキャッチするには、なるべくフラットな自然体でいることです。何とかメッセージをキャッチしようと力んでいる時は案外気づけません。ですから、一度何かを質問したら、そのことに執着をしないことです。意外な場面でふと気づくタイミングがどこかで必ずあるでしょう。

メッセージと自分を信頼すること

チャネリングメッセージを活用したいなら、自分の直感を信頼することです。思いついたこと、目についたもの、何度も気になることは、メッセージの可能性が高いです。そこに気づいた自分を信じて、メッセージに従ってみましょう。それを繰り返していくとチャネリングの精度も上がります。

そして当たり前ですが、はじめからチャネリングを信用しない人にメッセージは気づけません。そして自分自身を信じない人も、たとえメッセージをもらっても、すぐに否定して終わりです。信じない人には何も起こらないのです。

目には見えないけれど、愛、希望、感謝、祈り等の思いは存在しますよね。もしそれを信じられるならば、高次元からのアドバイスも信じることができるのではないでしょうか。

最初はメッセージなのか何なのか迷ったりわからなかったりするのは当たり前です。でも「きっといつかできる」と信じる気持ちがあれば、必ずや「このことだったのか」という実感を得られる時が来るでしょう。

まとめ

今回は、チャネリングについてお伝えしました。例えば、自分のファッションのセンスがいいかどうかを気にしなければ、ずっとセンスは磨かれません。センスを気にしだしたら、感覚はどんどん磨かれます。チャネリングもそれと一緒です。

絵のセンスも歌のセンスもやれば光っていきます。それほど気張っていらなくても、日々意識をして繰り返していけば自然と身に付くものです。ですから、あなたがチャネリングの感性を磨いていけば間違いなくその能力は成長します。

それには自分にもそういうセンスがあると心底信頼することです。センスの在り方は人それぞれですから、感じ方も様々です。チャネリングに関しても、誰かのやり方が絶対的に正しいということはありませんよ。

素直なあなたが感じた「何か」は、きっとあなたへの贈り物です。チャネリングを活用して、今より豊かなすばらしい人生を歩んでいける自分を信じてみませんか?

合わせて読みたい