ヒーリング

レイキとは?3つのメリットと好転反応を正しく理解しよう

世界には様々な種類のヒーリングが存在しています。スピリチュアルなことに関する学びや習得は海外の方が盛んなため、わざわざ日本を出て勉強しにいくスピリチュアリストの方も多いでしょう。

日本はスピリチュアルなことに対して後れを取っているのかというと、そうではありません。日本はもともと精神性の高い国です。アセンション(次元上昇)に関して日本はとても重要な役割をもっています。世界をリードしていく立場にあるのです。

そして、世界的に有名な日本発祥のヒーリングも存在しています。それがレイキです。無理な呼吸法や悪霊につかれる危険性と隣り合わせのヒーリングが存在する中、レイキヒーリングは誰でも簡単に、かつ安全に行うことができるヒーリングなのです。

世界に誇れるヒーリング法を学ぶことで、あなたの人生はより豊かになるでしょう。初心者の方も、改めてレイキについて学びたい方にも分かりやすいようにお話ししていきたいと思います。

レイキの意味やレイキ療法に関する説明

レイキは漢字で「霊気」と書きます。目に見えない聖なる気という意味です。霊という言葉を見ると幽霊やお化けを想像してしまう方もいるかもしれませんが全く関係りません。レイキという言葉は古くから日本にありました。19世紀、レイキの創始者である臼井甕男(うすいみかお)さんが誰でも手順を踏めば回路が開かれて、レイキを使えるようになるマニュアルを確立したことにより「臼井式レイキ法」として世界的に有名になったのです。

レイキとは宇宙エネルギーのこと

レイキという言葉の意味が目に見えない聖なる気だとお伝えしましたが、そもそも気とは何なのかについてみていきましょう。

レイキの気は崇高な「宇宙エネルギー」「宇宙の生命力」または「宇宙の純粋意識エネルギー」のことをいいます。私たち人間はもちろん、地球に存在するすべての生命はこの宇宙のエネルギーによって生かされているのです。

このエネルギーのことを古来中国では「気」、インドでは「プラーナ」、ハワイでは「マナ」と呼んでいます。

日本には元気、病気、陰気、陽気、気を使う、気が合うなど、気にまつわる言葉がたくさんあります。私たちは昔から目に見えない気が心身に影響を与えているということを無意識のうちに知っていたのです。日本人はレイキと密接な関係にあった民族といえます。

レイキ療法による癒し効果について

私たち人間はレイキエネルギーをバランスよく取り入れることで健康を保っています。このエネルギーが心理的なストレスなどが原因で上手く機能しなくなると様々な不調が起こります。

身体的には筋肉の緊張や骨格のゆがみが生じて免疫系、ホルモン系、自律神経系などの機能が低下してしまいます。これらのことが精神的にも悪影響を及ぼし、怒りや心配、不安や恐れなどのネガティブな感情に支配されてしまうでしょう。

そうなるとネガティブな思考や言動が生まれ、人間関係にも悪影響が出てしまうことになります。

レイキ療法を行うことでエネルギーを取り入れ、バランスを取り戻すとこれらの症状は癒されていきます。身体的な症状から人間関係にいたるまで効果が表れるのです。

アチューメントはレイキを使うための準備

レイキの講習で必ず行われるアチューメントは宇宙エネルギーと人間をつなぐパイプのつまりを綺麗にしてくれる働きがあります。

私たちはもともとレイキを使うことができるのですが、意識的に使っていなかったため忘れていたり、パイプが汚れていたりします。

ラジオで例えると私たちが目的のチャンネルに周波数を合わせられるように調整してくれるチューニングの役割をもっているのです。

また、水道で例えるなら水道管が人間と宇宙のエネルギーをつなぐパイプで、水はレイキエネルギーです。蛇口を締め、しばらく使わないでいると水道管の中は錆びてしまうでしょう。アチューメントはこの蛇口を緩める作業だと思ってください。つまり、レイキを使うための準備になるのです。

レイキと気功との違いは何なのか?

レイキと気功の違いを説明する前に、まずは簡単に気功についてご紹介します。気功とは中国古来の健康法の一種で、免疫力や自然治癒力を高める効果があるとされています。

一定の医療効果を上げてきたため、中国では病院や療養所で気功科を併設しているところもあります。

日本も中国との関わりが深かったため、気功各派との交流によって武術、健康法、各国の伝統療法や現代の心理療法などを交えながら様々に発展してきました。

さて、レイキと気功はどちらも気を使うという意味では同じですが、使っている気の種類が違います。それは、レイキが宇宙エネルギーを使うのに対し、気功は体内エネルギーを使っています。つまり自分のエネルギーを使っているのです。

最近では宇宙のエネルギーを使う気功も出てきました。体内エネルギーも元々は宇宙エネルギーを使って作られているので、ある意味この2つに違いはないとも言えます。

レイキに関する3つのメリットを紹介

それではレイキを使うことでどのようなメリットがあるのかをご紹介していきます。ちなみにデメリットは特にないのがレイキの良いところです。

強いて挙げるとするならレイキヒーリングを始めたころに浄化の一環で起こる好転反応がデメリットになるでしょう。しかしすべての人に起こるわけではないので、好転反応がない人はレイキのメリットだけを体験することになります。

自分のエネルギーを使うわけではないので安全

レイキヒーリングでは自分のエネルギーを使うわけではないので気疲れも起こりません。中には人を癒すために自分のエネルギーを与え続け、ついには枯渇し、生命の危機になるようなヒーリングも存在しています。しかし宇宙エネルギーはいくら使っても無限にあり枯渇することがありません。

また、高次元存在(天使やアセンデッドマスター)と繋がってヒーリングを行おうとすると悪霊や低次元の存在に繋がってしまう危険性もありますが、レイキヒーリングは元々繋がっている宇宙エネルギーを使うのでネガティブな存在に惑わされることもありません。

万が一天使やアセンデッドマスターを名乗る存在が語りかけてきても無視するようにしてください。本物の聖なる存在というのは名乗らずともエネルギーだけで気づくことができます。また、ヒーリングを行うことであなたの波動が上がるとネガティブな存在は近づくことすらできなくなるでしょう。

大切な人やペット、植物も癒せる

レイキヒーリングはとても簡単で、特別な資格も必要ないので今すぐに使うことができます。自分自身だけでなく大切な人を癒すことができるようになるでしょう。相手が見えない世界のことを信じておらず、懐疑的であっても癒しは起こるのです。直接ヒーリングをできなくても遠隔ヒーリングで癒しを与えることもできます。

基本的にヒーリングは人間を対象にしていますが、レイキヒーリングは動物や植物も癒すことができます。ペットを飼っている人であればレイキヒーリングを行うことで動物たちも癒されていることに気付くでしょう。あなたがセルフヒーリングをしている時にやってくるかもしれません。

植物も同様に癒しが起こります。切り花にレイキヒーリングをすればエネルギーを与えなかった場合よりも長持ちするのです。

宇宙と繋がることで人生が楽しくなる

レイキヒーリングを行うことで得られるメリットは心身に関することだけではありません。宇宙エネルギーとの繋がりが強くなることで、本来1つである人間の繋がりも強くなります。

シンクロニシティ(意味のある偶然の一致)が頻繁に起こるようになるのです。例えばあなたが最近会ってない友人に会いたいと思ったとします。するとタイミングよくあなたの携帯が鳴り、会いたいと思っていた友人からの食事の誘いだったりするのです。

また、人との繋がりだけでなくハイヤーセルフ(高次元の自分)とのつながりも強くなるため、人生に面白い偶然や奇跡的なことが起こり始めるでしょう。

例えばいつも通っている道を歩いている途中、ふと寄り道して帰ろうと思ったとします。初めて通る道にはいろいろなお店があり、ガラス越しに店内を見ると、そこにずっと前から欲しかったデザインの商品が売っていたりするのです。

レイキヒーリングによる好転反応と注意点

レイキヒーリングによるメリットのところでも少し触れましたが、人によっては好転反応が起こる可能性があります。好転反応はどのヒーリングでも起こり得るため、レイキに限ったことではありませんが、これが唯一のデメリットと言ってもいいでしょう。

正しく理解して対処することで私たちはより便利に、より快適にレイキヒーリングを使うことができます。メリットだけでなく、注意点もしっかりと理解しておくようにしてください。

自己浄化が始まると好転反応が起こる

私たちの心身には様々な不調の原因が眠っています。氷山の一角のように、表面上に見えているもの以外にも水面下にはもっと多くの問題が潜んでいるものです。

ヒーリングによる自己浄化を水槽に入れた泥水で例えることができます。例えば水槽に泥水を入れると最初は濁っていますが、しばらくすると上の方は綺麗な水になり、下の方に泥の層ができるでしょう。この状態が一見人生に問題がないように見える人たちです。

そこで、水槽を完全に綺麗にするために水が注がれたとします。この水がレイキヒーリングによる宇宙エネルギーです。水の勢いが強ければ強いほど、泥が一気に広がり水が濁っていくでしょう。これが今まで隠れていた問題が浮上して心身の不調となって出てきた状態です。

全員に好転反応が起こるわけではない

隠れた問題(水槽に沈んだ泥)は人それぞれ量が違います。まったく問題がないという人は滅多にいませんが、とても少ない人もいるのです。

この場合、水を注ぎ入れても水槽はそれほど濁ることなく、溢れていく水と共に泥も流れて水槽の中はすっかり綺麗になるでしょう。

心身の不調を癒したくてヒーリングを行う場合、その不調になった原因が必ず眠っているため初めてレイキをやる人は好転反応が起きやすいのです。

ヒーリングを続けることで綺麗な状態が保たれ、もはや好転反応を体験することすらなくなるでしょう。水が濁り始めると前よりも症状が悪化したように感じ、ヒーリングを止めてしまう人もいますが、とてももったいないのです。

それは水槽に水を入れて綺麗になり始めたのに途中で水を入れるのを止めてしまうことだからです。

症状が重い時は自己判断せず医者に相談する

基本的に好転反応は2、3日で終わるため、それほど心配する必要はありません。とは言え好転反応がなかなか終わらない、または日常生活に支障が出るほどの重い症状が出た場合は注意が必要です。

好転反応だからと軽く見て、病院に行かなかったりすると重大な病気を見逃す可能性があるからです。病気が体の症状として出るタイミングと、レイキヒーリングを行ったタイミングが重なってしまう場合もあるので、おかしいと思ったら必ず病院に行って医者に相談するようにしましょう。

何も問題がなければ安心してヒーリングに集中することもできます。体に問題がないと診断されたら確実に好転反応なので、セルフヒーリングを続けながら無理をせずに体を休めるようにしましょう。

どのような方法でレイキを使うのか?

私たちは何か特別な儀式や祈りを行わなくてもレイキを使うことができます。例えば頭痛を感じたとき、自然と頭やこめかみに手や指を当てているでしょう。または足をぶつけたとき、痛みのある部分を自然とさすっているものです。

このように、私たちは自分たちの手から癒しのエネルギーが出ていることを本能的に知っています。レイキヒーリングでは主に手を使って癒しを行うのです。ちなみに利便性の問題から手を使っていますが、足を使ってもいいのです。ただし、人にヒーリングをするときに足を使うと失礼になってしまいます。

中には口内炎を癒すために舌を使ってセルフヒーリングする人もいます。大切なのは何を使って癒すかではなく、癒そうとする意志なのです。

レイキを使った手当て療法による直接的な方法

レイキを使った手当て療法が直接的なヒーリングの方法になります。手で直接肌に触れて癒すのが基本ですが、すり傷や切り傷などの怪我で触れられない場合は患部から10センチほど手を離してレイキを流します。

男性が女性をヒーリングする場合、家族や親しい間柄は別として触れることに抵抗があると思うので、この場合も手を離してレイキを流します。

手が離れしまってはエネルギーが流れないのでは?と心配してしまうかもしれませんが、私たちの目の見えないところでエネルギーはしっかりと伝わっているので安心して下さい。

また、自分では腕の筋肉痛を癒すために腕にレイキを流しているつもりでも、足の関節に流れていく場合もあります。それは腕よりも足の関節に優先すべき重要な問題があるからです。

もちろん他に重要な問題がなければ手を当てた場所が優先されて癒されます。このように私たちの体はレイキさえ流せば後は自動的に上手く機能するようになっているのです。

遠隔ヒーリングによる間接的な方法

遠隔ヒーリングは癒したいと思う相手が近くにいない、または手当て療法に抵抗を示している場合に使うことができます。また、エネルギーというのは時間や空間の制限がないため、過去の自分に遠隔ヒーリングを行うこともできるのです。主に過去にあった辛いできごとが原因の心の傷にアプローチすることが可能になります。

遠隔ヒーリングでは癒したい人の写真や名前を見ながら行います。イメージングが得意な人は自分の目の前に相手がいることを想像して行ってもいいでしょう。直接手当て療法をするように想像上の相手に手を当てたりかざしたりしてレイキを流します。また、目を閉じてすべてを頭の中で行う方法もあるので、自分がやりやすい方法を選ぶと良いでしょう。

レイキには絶対にこの方法でやりなさいというルールもないので、自分が良いと思ったやり方があなたに一番合っています。

レイキヒーリングのための準備とやり方

まず、ヒーリングを行う前に大切な準備があります。それはセンタリングとグラウンディングです。センタリングは簡易的なアチューメントの効果があり、グラウンディングは地球と繋がることでパイプの汚れやヒーリングの邪魔になるネガティブな感情を外に流して浄化してもらえます。

これをやるかやらないかでヒーリングの効果に大きな差が出るので、事前に行っておくようにしましょう。一連の流れとやり方は以下の通りです。

  1. 目を閉じて宇宙とあなたの体、そして地球が1本の長いパイプで繋がっているのをイメージしてください
  2. ゆっくりと深呼吸を始めると、宇宙からキラキラと輝く白い光の粒がおりてきます
  3. パイプの中に汚れがある場合はそれを流しながら、あなたの体まで到達します
  4. もしもあなたの中に不安やネガティブな感情があるなら、それも一緒に流してしまいましょう
  5. 光の粒は汚れやネガティブなものと一緒に地球へと流れていき、地球はそれらをまとめて白い光で浄化してくれます
  6. 地球に感謝したら呼吸を楽にして目を開けましょう
  7. これでヒーリングの準備は整いました。さっそく気になる部分に手を当ててみましょう
  8. この時、あなたの体に宇宙から白い光のエネルギーが流れ続けているのを意識してください
  9. 自分がいいと思うまでレイキを流したら、最後に宇宙に感謝してヒーリングを終えましょう

まとめ

レイキとは宇宙エネルギーのことです。漢字で書くと「霊気」になります。私たちの体は宇宙エネルギーによって生かされていて、心理的なストレスなどが原因で上手く機能しなくなると様々な不調が起こります。

レイキヒーリングによって機能を回復させ、宇宙エネルギーが上手く循環するようになると私たちの心身は癒されていきます。ネガティブな感情が癒されることで人間関係などの問題も解決していくでしょう。

人間は元々宇宙と繋がっているため自然とレイキを使うことができるのですが、長い間使わなかったことでパイプが汚れていると上手く使えません。そのためにアチューメントをしてパイプを綺麗にします。

レイキと気功の違いは扱うエネルギーの種類です。レイキは宇宙エネルギー、気功は体内エネルギーを使います。

レイキヒーリングには「自分のエネルギーを使うわけではないので安全」、「大切な人やペット、植物も癒せる」、「宇宙とつながることで人生が楽しくなる」という3つのメリットがあります。

デメリットを挙げるとすれば好転反応があります。好転反応はレイキに限らず自己浄化の過程で起こり得るものですが全く起こらない人もいます。もしも症状が出て長引くようであれば必ず医者に相談するようにしましょう。

レイキヒーリングは主に手を使って直接行いますが、離れた人を癒す遠隔ヒーリングの方法もあります。遠隔では過去の自分の傷も癒すことができるのです。

ヒーリングを行う前に必ずセンタリングとグラウンディングをして準備を整えるようにしましょう。あとは気になるところに手を当てるだけなのでとても簡単です。ぜひ毎日続けてみてください。

合わせて読みたい