夢占い

叫ぶの夢は【焦燥】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

叫ぶ夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

叫ぶ夢が意味する基本的なシンボルは「焦燥感」です。自分の中の焦りや不安から夢の中で叫ぶという発散行為につながっています。

加えて、叫ぶ夢には自分ではどうにもならない状態にいることへのもどかしさも意味しています。これは、自分の中の問題点というよりも外的要因によって悩みや課題が形成されている証拠です。

そのため、どうにもならない事への苛立ちが、「叫ぶ」という行為になって夢の中に表れています。

今回は、そのような叫ぶ夢について読み解くための方法を紹介します。大切なのは、どんな印象を受けたのか、どんな行動をしていたのか、誰が出てきたのか。まずはその3つによって大きなカテゴリーわけができます。そして、次から紹介していきますので、しっかり叫ぶ夢から与えられる警告をキャッチしてください。

叫ぶ夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

叫ぶ夢を見たときにどのような印象を感じたのか、どのような感情が芽生えたのかが大切です。叫ぶことに対して、前向きな印象を感じたのか、悪い印象を受けたのかで内容の違いを説明します。

まず、夢の中で勇気をもらう、元気が出るなどの前向きな気持ちを感じた場合、不安や悩みからの解放の兆しがあることを知らせています。出口のない悩みのように感じますが、解決方法は身近にあるということを暗示しています。

一方、叫ぶ夢に対して悪い印象を感じた場合は、自力ではどうしようもない悩みに対して、もう頑張れないという心理の現れです。一度リフレッシュをして忘れられるように努めましょう。

叫ぶ夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

叫ぶ夢を見た場合、その行動や場面によって意味が変わります。今回は、叫ぶ夢を見た際に立ち止まっていたのか、動いていたのかという部分で意味の違いを紹介します。

まずは夢の中で動いていた場合、その場合は強い焦燥感を抱いている事を表しています。今の悩みから抜け出せない苦しみ、どうにか打開策を見つけたい感情がこの夢となって表現されています。

一方、夢の中で動いていなかった場合は、不安の中でも地に足がついていることの現れです。トラブルの最中でも、自分のできることやできないことを把握して、冷静でいられることの暗示です。

叫ぶ夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

叫ぶ夢を見た際は登場人物によっても意味が大きく変わってきます。その登場人物が知っている人か知らない人かで内容は変わってきます。

登場人物が知っている人の場合は、知人からの裏切りや対立を意味しています。今後、人間関係で大きな悩みを抱くことになるのです。

一方で、夢の中の登場人物が知らない人であった場合は、社会や環境に対して不満や悩みを持っているという暗示になのです。今すぐに自分の力ではどうにかすることができない大きな規模の問題なのです。

金縛りにあって叫ぶ夢の意味

金縛りにあって叫ぶ夢を見た人には、スケジュール管理の必要性と模索を暗示しています。分単位で仕事をする事を任された貴方は、スケジュール管理が上手くいかず様々な人から注意を受けます。その内容は各々の予定に関する内容で、一つを解決すると別の問題がでてきて八方塞がりの状態になっています。また納期までの猶予も無いので焦燥感に駆られますが、まずは予定を細かいブロックに分けて、少しでも実作業を進める計画を立案してください。その結果を各ブロックから報告してもらい、納期も含めて逆算を行い最終的なクオリティを決定しましょう。物理的に終わらない計画はどこかを切り捨てる覚悟も必要です。

助けてと叫ぶ夢の意味

助けてと叫ぶ夢は、外的要因による悩みが心を圧迫している事を暗示しています。助けを叫ぶ夢は、その感情の通りであなたが現実社会でも誰かに助けを求めていることを表しています。心はすでに限界直前まで来た緊迫した状況です。心のSOSをしっかり受け取り周囲へ知らせなければいけません。悩みをずっと一人で溜め込んできた人はなかなか周囲へ相談する事が難しいです。ですが、現状あなたの心は助けを求めていて自分では解決する事は出来ない所に来ています。勇気を振り絞って信頼出来る人へ助けを求め、相談してみましょう。その一歩が現状を変える大きな一歩となります。

叫ぶ声が出ない夢の意味

叫ぶ声が出ない夢は、問題に直面し身動きが取れず焦燥感を感じている事を暗示しています。今あなたはどうしようもなく難題な問題に直面しています。自分の力ではどうすることも出来ずもどかしい思いを感じているかもしれません。予想もしなかった出来事が発生して、解決策を練ってもなかなか思い浮かばすただ焦燥感だけが募っているはずです。心の中のわだかまりは次第に大きくなり心から溢れだしてしまいます。一人で抱え込んではいけません。自分の力ではどうにもならなくても誰か他の人の力があれば壁を乗り越える事が出来るかもしれません。問題解決まで時間はかかりますが焦らずじっくりと進んでいくことで必ず道は開けてくるでしょう。

夢の中で叫ぶ夢の意味

夢の中で叫ぶ夢は、焦燥感が募り心のバランスが崩れそうになっている事を暗示しています。あなたは今、現実社会において悩みや不安を抱えていて、それでもなんとか踏ん張っているギリギリの状態です。一人で問題を抱え込み、心が限界まで来ています。そんな心の動揺や焦りが行き場をなくしてあなたの心の中に積もりに積もっています。運気が下降気味にありますが、心の不安や悩みを取り除くためにも、しっかりと休息をとり心身ともにリフレッシュさせましょう。また、悩みを一人で抱え込んではいけません。誰かに吐き出すことで心はすっと軽くなりバランスを取り戻すでしょう。

怒って叫ぶ夢の意味

怒って叫ぶ夢は、外的要因による悩みが限界に来ている事を暗示しています。今あなたは大きな悩みを抱えている最中かもしれません。ですが、今後更なる試練があなたを襲い、心身ともに負担がかかってしまうことを表しています。大切なことは一人で悩まないことです。大きなトラブルがやって来たならば一人で抱え込まずすぐに周囲に助けを求めるようにしましょう。また、気持ちをリフレッシュさせるためにも趣味に時間を割いたり、適度に休息を取るようにしましょう。暗雲が立ち込める今が正念場です。この状況を乗り越える事が出来れば必ず事態は好転し、運気も呼び込むことが出来るでしょう。

名前を叫ぶ夢の意味

名前を叫ぶ夢は、認めてもらいたくて焦燥感が募っている事を暗示しています。あなたは今自分が身を置く社会環境において自分自身を周囲の人に評価し認めてもらいたいと思っているのかもしれません。努力を重ね頑張っているのに周りからの評価が低いと不満に思うこともあるでしょう。そんな周囲への不満が焦燥感となりあなたの心に蓄積されています。周りからもっと評価されたい、認められたいと思うのであれば、あなた自身がもう一度自分を見つめ直してみる事が大切です。自分に何か足りていないものはないか、その不足に気付き改善が出来ればあなたを見る周囲の目も変わり、現状は好転するでしょう。

怒り叫ぶ夢の意味

怒り叫ぶ夢を見た場合の意味は「心配ごとや、悲しいこと、腹立たしいことなどが解消できず、心がモヤモヤし爆発しそうな状態である」ことを意味しています。内気な人や、我慢強い人が見る傾向があるようです。 現実世界において解決するには、大声を出せる場所で、例えば一人カラオケなどで、思いっきり大声を出して歌ってみるなどで気分がスッキリしますし、親しい人に相談するなどでモヤモヤした心の重荷を軽くすることができます。怒り叫ぶほどですから、体にエネルギーが満ち溢れている状態です。今なら大きな壁も勇気をもって当たれ、必ず乗り越えることができるでしょう。

怖いので叫ぶ夢の意味

怖くて叫んでしまう夢は、現在悩んでいることがあり、その問題から逃げたい、と思っていることを表しています。 このような夢を見た場合、現在抱えている問題を遠ざけるのではなく、いったん落ち着いて考えたのちに、その問題に対処したほうが良い結果がでると考えられます。 逆に考えると、こういった夢は自分の中に解決しなければならないことがある、と訴えかけてくれているので、心が楽になるための解決策を導き出すきっかけにもなります。 うまく対処して、精神的に楽になれる方法を見つけましょう。問題が解決すれば、このような夢を見ることもなくなります。

合わせて読みたい