夢占い

釣りの夢は【利益】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断


釣りの夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

釣りの夢は、利益を手にすることを暗示しています。

釣りをすることによって、魚介類を得ることができます。この獲得物が利益の象徴となっていて、自身に利益が訪れることを表しています。

釣りをしているときは、魚を釣るつもりではありますが本当に釣れるかどうかはわかりません。つまり、この夢を見た場合には確証はないけれども幸運が来ていることは感じているという事を暗示しています。

基本的には利益が訪れる前触れです。その利益が金銭なのか、精神的なものなのか、その他のものなのかは夢の具体的な内容によって変わります。

その詳細については日ほど紹介しますが、まずは釣りの夢に対しての基本的なポイントを押さえていきましょう。

釣りの夢を読み解く3つのポイント?:印象・感情

釣りの夢を見ているときに感じる印象や感情によって、やってくる利益の量が変わります。

まず、釣りを明るい気持ちでしているときは、幸運がすぐそこまで来ていて、大きな幸せやたくさんの利益が得られることを暗示しています。

また、釣りを暗い気持ちでしている場合には、利益はすぐそこまで来ているものの、得られるものは少ない事を暗示しています。ただし、この暗い気持ちが釣れるか釣れないかわからない「ドキドキ」からくる感情ならば、大きな利益を得ることになります。

釣りの夢を読み解く3つのポイント?:行動・場面

釣りの夢に関して、どんな行動をしているかによって、利益の質が変化します。その違いについて紹介します。

まず、釣りを積極的に行っている場合では、一度に大きな利益を得ることを暗示しています。一攫千金、一発逆転のような大きな幸せが突然やってきます。

また、釣りをのんびりと行っている場合には、小さな幸せがたくさん継続的にやってくることを表しています。最初はのんびりだったが、だんだん熱が入ってアクティブになっていく場合は、今やっている行いが正しく、継続すれば大きな利益につながることを表しています。

釣りの夢を読み解く3つのポイント?:登場人物

釣りの夢を見た際には、登場人物によってどんなことを成し遂げるかが変化してきます。ここでは、その人ごとの暗示の意味を紹介していきます。

まず、釣りを大人数で楽しんでいる場合は、集団で何かを成し遂げるという事を表しています。人数がとても多いようであれば会社として何か利益を上げることができます。

また、少ない人数で釣りを楽しんでいた場合は、個人でつかめる利益や仕事以外の利益を得ることを暗示しています。

合わせて読みたい