夢占い

血の夢は「生命力」の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

血の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

体全身を巡る血は、生命を維持する為に必要不可欠なもの。いわば人間の「生命力」の象徴と言えます。そんな血が印象に残る夢は、その人物の活力が満たされており、活動を伴えば結果として現れてくる暗示。積極的に行動に出るようにという、夢からのアドバイスなのです。
また充実したエネルギーが金運を引き寄せてくる吉兆でもあります。思わぬところで嬉しい収入が入ってくるかもしれません。その収入は貯めるのではなく、自分の為にどんどん使いましょう。血が循環するように、再びあなたのもとに返ってくるはずですから。
しかし真っ赤な血は激情や憤怒といった二面性があり、心の乱れには注意が必要です。また青黒い血は健康運の低下のサイン。怪我や病気には十分気を付けるようにしましょう。

血の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

血の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

自分の体から血が流れだす夢や出血を止めようとする夢もあれば、あなたではなく別の存在が血を流す夢もあります。体のどの部分から血が流れているのか、血が流れる勢いがどれくらいなのか。また血の色さえも夢により異なり、それら全ては運気のターニングポイントを予兆し物事が好転する可能性を示唆しています。
自分自身の体から血が溢れ出す夢は好転を暗示し、中でも健康運や金運などが大きく上昇します。流れ出す血の色が本来の色とは異なる場合、色により吉凶が分かれるので注意が必要となります。

血の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

血の夢は巡り合いを予兆することもあり、夢に現れる人物とは深い縁で結ばれる可能性があります。登場人物が家族や友人ならば今まで以上に関係が強固になり、お互いの運気を高め合うような存在となる暗示と言えるでしょう。
また好意を寄せる相手なら交際への発展や、職場の上司や同僚なら仕事での成功などに期待できます。しかし夢の中の血や登場人物に嫌悪感を抱いたのであれば、不安定な心の状態が原因となって関係の悪化が懸念されるので気を付けましょう。

合わせて読みたい