ヒーリング

ウニヒピリを受け入れホ・オポノポノをより効果的に実践するための方法とは?

「ホ・オポノポノ」なら聞いたことがあっても、「ウニヒピリ」は知らないという人も多いのではないかと思います。

スピリチュアル界では広く知られているホ・オポノポノですが、ホ・オポノポノを知っていたりすでにやっているなら、「ウニヒピリ」について知ることも避けては通れません。「ウニヒピリ」という語感には馴染みがないかもしれませんが、それほどホ・オポノポノとウニヒピリは深く関わっています。

今回はこの「ウニヒピリ」について、一体どういうものなのか、ホ・オポノポノとの関係も絡めながらご説明していきます。

ウニヒピリって何?ホ・オポノポノとの関係とは?

冒頭のとおり、ウニヒピリとホ・オポノポノは深く関わっています。

ホ・オポノポノは、「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」という4つの言葉を繰り返すだけで、癒しの効果があるというものです。そして特に深い知識がなくても、この4つの言葉を繰り返すだけでその効果は得られます。

しかしより深く「ホ・オポノポノ」について学んでみると、必ず「ウニヒピリ」というワードに遭遇することになります。それは一体なんなのでしょうか。

ウニヒピリとは大きな意味での潜在意識

簡単にいうと、ウニヒピリとは潜在意識の1つのことです。そこまで専門的な知識をつけたいわけではなければ、「ウニヒピリ」と言われたら「潜在意識のことだ」と思っても間違いではありません。

もっと的確かつ詳細にいうなら、潜在意識=宇宙の1つの領域や1つの側面につけられた名前のことです。この大きな意識は1つしかありませんが、それには多くの次元、レベルがあります。

ホ・オポノポノの世界では、これら全ての領域に名前がつけられていて、その1つがウニヒピリと呼ばれているということです。

この大きな意識の高次元な領域までアクセスできるようになるには、時間がかかったり、時間をかけても難しかったりしますが、ウニヒピリなら比較的簡単に誰でもアクセスできるようになります。

ホ・オポノポノで、効果を感じるようになってきたということは、この領域に介入しているということになります。

ホ・オポノポノを知ることでウニヒピリが理解できる

「ウニヒピリとは大きな意味での潜在意識」でご説明したことを理解できたのなら、ホ・オポノポノがどれだけそれと関わっているかわかったかと思います。

繰り返しになりますが、ホ・オポノポノをすることはその領域にアクセスできるようになるということです。

すでにホ・オポノポノをしていて、心が穏やかになるような効果を得られているという人は、知らないうちにこの「ウニヒピリ」にアクセスしています。ただ、その呼び名を知らないだけなのですね。

もしあなたがすでにホ・オポノポノをしているなら、その領域について実際には理解できているはずなのです。ホ・オポノポノをすると、なんだかすっきりとした気分になりますよね。その状態こそ、すでにその領域とアクセスしたという状態なのです。

ウニヒピリをケアする方法がホ・オポノポノ

なぜホ・オポノポノをすることが、ウニヒピリの存在を理解することにつながっているのでしょうか。それは、ホ・オポノポノがその領域をケア=お掃除する方法だからです。

ウニヒピリをもっとわかりやすい言葉で言い換えると、インナーチャイルドと似たものになります。インナーチャイルドも低次元領域にある大きな意識の一部です。

この部分にたまった不要な情報をホ・オポノポノを行うことによって、きれいになっているというわけなのです。

ここにあなたにとってつらい記憶が溜まってしまうと、あなたの生活に影響を及ぼしやすいため、この部分をきれいにして癒す必要があるのです。

ホ・オポノポノを唱えていれば、この領域をゼロにして愛を与える、ケアしてあげることができるんですね。

ウニヒピリを受け入れることで本当の自分に会える

ウニヒピリはホ・オポノポノできれいにすることができると聞くと、ホ・オポノポノが必要になるような悪い記憶を蓄積しているその領域を悪いものだと思ってしまうかもしれません。

しかしインナーチャイルドがそうであるようにこの領域もあなたです。ここでいう「あなた」とは、現実の体のことを指しているわけではなく、もっと大きな意味での大きな宇宙としての自分のことです。ですから悪いものなわけがありません。

今までの人生で体験してきたものによっては、とてもつらい記憶が蓄積されてしまっているかもしれません。しかしそれ自体が悪いというわけではなく、今までホ・オポノポノなどをしてきれいにせずに放置してしまったこと自体に問題があるのです。

つらい記憶を消し去るという意味ではありません。そんなものを握りしめている状態から、手放すというのが本来の目的です。

すなわち体験は消えることはありません。ホ・オポノポノをやっていることで、その体験に関する「つらい」という感情のメモリをリセットだけです。

そうすることで、そんな経験をしてきた自分自身=ウニヒピリを受け入れ、愛することができるようになります。そうして私たちは本当の自分に出会えます。

ウニヒピリを受け入れる方法とその注意点とは?

ではウニヒピリを受け入れ、本当の自分に出会う、本当の自分に還っていくためには、どうすればいいのでしょうか。ホ・オポノポノをしても大きな効果が得られないという人ほど、この方法を知っておくと、効果を感じられるようになるはずです。

ホ・オポノポノで効果が出ないという人は、とても強く強く、つらい感情の記憶を握りしめていると考えられるからです。

「そんなことはない。忘れたいと思っている。」と思う人もいるかもしれません。しかしそんな感情こそが、それを握りしめている証拠なのです。

それではその領域を受け入れ、上手にお掃除ができるようになるための方法を見ていきましょう。

ウニヒピリを「受け入れなければ」という思考はやめること

逆説的ですが、まずは「ウニヒピリを受け入れなければ」という思考はやめましょう。「しなければ」という思考は、どうしてもそれを遠ざけてしまいます。「受け入れられない」という現状が前提となっているからだと考えられます。

この領域を受け入れるのに、そんなに気負う必要はありません。ただそこに在ることを知ってください。

特に今苦しみの中にいる人が、自分の一部を受け入れなければと思うことは、感情的に難しいはずです。最初はそれは仕方がないことだと割り切りましょう。

しかしこのことはそんなに無理矢理に受け入れるものではありません。ただ、そこにそういったものがいるということだけ、とりあえず知っておけば、それが受け入れているということになります。

機械的にホ・オポノポノをするだけでもOK

ウニヒピリの存在がそこに在るということを無意識に知るためには、ホ・オポノポノが役立ちます。ホ・オポノポノを行うことで、実は自然とそこにいる存在を受け入れることができるようになるのですね。

ホ・オポノポノは何か特に考える必要はなく、何も信じる必要もなく、ただ機械的に行うだけでも効果が出ます。「効果が出ない」と嘆いている人がもしいるとすれば、ホ・オポノポノに効果を期待することをやめましょう。

ただの暇つぶしだとでも思ってやってみてください。他のことを考えないための方法だと思ってもいいですね。

ただ機械的にホ・オポノポノを行うだけで、なぜこの領域を受け入れることができるのでしょうか。それは、ホ・オポノポノで唱える言葉は、実はウニヒピリ=自分自身に語りかけている言葉だからです。

ウニヒピリに語りかけてみよう!

ホ・オポノポノが楽しく、その存在を感じることに充実感のようなものを感じるようになったら、ウニヒピリに語りかけてみましょう。

するとその声を聞くことができるようになっているかもしれません。

ただおしゃべりをするのもいいですし、何かに迷ったときにどう思うか訊いてみるのもいいですね。

あなたの思考上の思いとこの領域の声は、なかなか見分けるのが難しいかもしれません。

しかし「こうしなければならないから」「こうしておかないと相手に嫌がられるから」という理由で何かを決めたとき、あなたの中には「嫌だ」という気持ちがあるはず。それがこの領域の声です。

それに語りかけていると、その領域が明確に見えるようになってきます。本当の自分が本当に欲しているものが見えてくるのです。

とはいえ、常にその声に従って行動する必要はありません。ただその声に反するようなことをしてしまったときには、この領域を癒してあげるのをおすすめします。

ホ・オポノポノをするのもおすすめですし、インナーチャイルドによしよしをしてあげるようなイメージもいいですね。コツはとにかくおしゃべりを楽しむことです。

まとめ

ウニヒピリというものが、自分自身や潜在意識、何か大きなものの一部であるということを知らなかったという人は、それを知って驚いているでしょうか。ほぼ同じ意味であるインナーチャイルドも受け入れるということについて語られることがありますよね。

語感も可愛らしい感じですし、受け入れやすいかもしれません。

ホ・オポノポノをしているすべての人が、ウニヒピリについて知らなければならないというわけではありません。ホ・オポノポノをしていれば、自然とこの領域も繋がっているからです。

とは言え、そこまで理解してホ・オポノポノをすることができれば、この世の中の成り立ちへの理解が一層深まるでしょう。

なんだか難しいと感じるなら、理屈で理解せずに、ホ・オポノポノをしてみましょう。きっと何かが見えてくるはずです。

合わせて読みたい