チャクラ

第6チャクラはビジョンを司り人生における本質を見極める

第6チャクラは「ビジョン」を象徴しています。それは人生というものを正確に見て判断する能力です。世の中のこと、そして自分自身のことを何らかの偏見やフィルターを通さずにみる力を表します。それは外見に惑わされるわけではなくて、その内側にある本質を見るということです。

第6チャクラは、英語では「サードアイ」、サンスクリット語では「アージュニヤー」、日本語では「第三の目」といわれます。アージュニヤーとは、知覚する、知る、コントロールする等の意味です。

第6チャクラで見るというのは、人間の感情に流されることなく、冷静な分析、分別、知覚があるということです。また、未来を想像したり、将来の夢を映像として見ることにも関わっています。

そして眠っている時にみる「夢」も、魂からのメッセージと言われ、第6チャクラがそれを感じ取っています。

真実の情報を収集するアンテナとなる第6チャクラ

第6チャクラが意味するものは、直観、夢、記憶、視覚等です。第三の目ということですから、人間の目ではなく魂の目です。この世の中では確証が得られないものを、直観で知る能力が第三の目にはあります。

理屈や論理的な証拠はなくても、それが「わかる」のですね。それが第三の目、第6チャクラの潜在能力です。目に見えないスピリチュアルな存在からの情報を、視覚的に映像で「わかる」ことができるということです。

その他、透視能力、先見性、集中力とも関連しています。

第6チャクラの身体との関連性とシンボル

第6チャクラの位置は眉間の上、額にあります。身体的には、あたま、精神、神経、視力、脳下垂体、視床下部との関連があります。7つのチャクラの下から6番目にあります。

第6チャクラを表すシンボルは2枚の花びらを持つ蓮の花です。円形の花の中には下向きの三角形があります。色は藍色です。

そして、2枚の花びらは円の左右に翼があるようにも見えたり、第6チャクラの左右の目のようでもあります。また、右脳と左脳、見える世界と見えない世界という風に捉えることもできます。

第6チャクラは、物事の本質を見極めるので、エネルギー的に良いもの・マイナスなものを感じ取れます。自分を良い環境に自然に導くこともできます。すべて高次のエネルギーを地球上で活用するのに重要な働きです。

第6チャクラの精神との関連性

第6チャクラは、イメージ、理性、知性、判断等と関連があります。そのイメージの力は無限大といえるでしょう。イメージ力にはパワーがあり、それを確信している人は、自分に想像できることはすべてかなえられるとも言います。そこに疑いはありません。

また、第6チャクラが機能すると、常に未来をポジティブに描いて、実際にそれを実現してしまいます。目の前に困難があっても、その本当の意味を知り、それをクリアーするための想像力を働かせることができるので、慌てふためいたりしません。

そして右脳と左脳のバランスが取れているので、何かあっても冷静に捉え、直観と論理的な思考

の両側面から見て、的確な判断を下します。第6チャクラは知性を活用して現状分析をし、その上で想像力によって、より良い未来を作り上げていけるのです。

第6チャクラのバランスが崩れることの影響

第6チャクラのバランスが崩れることで、考え方が知性、すなわち左脳に偏り過ぎてしまうことがあります。それは、支配的であり完璧主義であることを意味します。右脳の働きを無視してしまうので、情緒的な部分は削除されがちになってしまいます。

また、自己の未来像を新しく創造するのではなくて、「こうあるべき」という社会的概念に当てはめて決めてしまう傾向も出てきます。自分の才能にどんな可能性があるかという部分を、すごく狭めて考えてしまいます。

また、第6チャクラは、脳下垂体に対応しているので、頭痛、眼精疲労、白内障、集中力の低下なども起こりやすいです。

第6チャクラが開き過ぎたときの状態

第6チャクラが開き過ぎたときの状態のときには、独裁的な思考に陥りやすいです。自分の想像する見方が絶対的に正しいという考えに偏ってきます。理論的な判断のみに囚われて、内面的に何が起こっているのかには意識が行きません。

そのときはエネルギーが過剰なため、自分のことにはなかなか気づけないでいます。他人がアドバイスをしようとしても、何かと理屈をつけて自分の正当性ばかりを訴えるようになります。第6チャクラの開き過ぎは、非常に傲慢な面が表に出てきます。

しかし、自分の将来には実は内心見通しがたたないため、気持ちにも安定感を欠き、周りを寄せ付けなくなってきます。孤独を呼び寄せ、権威主義者のようになってしまうこともあります。

第6チャクラが閉じ過ぎたときの状態

第6チャクラが閉じ過ぎると、エネルギーは不足し、自分の未来に対して恐れが生じます。夢や希望がなくなり、成功を恐れ、またそういう自分の内面を見ることも怖くなってきます。失敗することも避けたいので、おのずと目標設定が低くなってきます。

第6チャクラが閉じ過ぎると、恐れがある半面、そこから解放され自由になりたいとも考えます。しかし実際には行動に移す勇気や気力が湧かないのでそれも叶いません。その堂々巡りの状態から、分裂気質のようになる傾向があります。

そして何より、偏頭痛等、あたま周りの不調が起きやすくなります。集中力を欠いて考えることがなかなかまとまりません。問題が起きている原因が外にあると決めつけがちです。

すべてが自分の内側に真実を求めるようになると、目の前の現実が変わるきっかけをつかめるでしょう。

第6チャクラのバランスが整っているときの状態

第6チャクラのバランスが整っていると、世の中のことと自分に起きていることを、歪なく正確に捉えることができます。そして今後の人生をポジティブに考えられるため、必要な知識を取り入れることにもどんどん積極的になります。

そして理性と情緒的な部分のバランスが取れて、人生がますます好転するよう導かれます。芸術にもエネルギーを注ぎ、それは魂の栄養補給にもなります。物事を冷静に見つつも、未来に対する希望が湧いてきて、さらに多くの望みを引き寄せるでしょう。

第6チャクラが整うと、自分の道がわかり、そこに常に集中し突き進んでいきます。表面的な情報に流されたりすることはありません。直観力にも磨きがかかり、カリスマ的な存在にもなるでしょう。まさにビジョンが明確になるということです。

第6チャクラのバランスを整え活性化する方法

第6チャクラのバランスを整えるには、とくにリラックスと癒しが必要です。あたまの中に何かの思考があるとなかなか落ち着きません。まずは忙しくすることをやめ、考えることもやめて、力を抜いてホッとすることです。

また、何か外部の刺激があると、思考が働きそちらに意識が行ってしまいがちですから、集中できる場所であるほうがより良いですね。

第6チャクラが活性化してくると、さまざまなことが映像や直観として感じられることがあるので、活性法をしてるときは、それらがどうなのかと判断せず、俯瞰して見るとよいでしょう。

体を使って第6チャクラのバランスを整える活性法

体を使って第6チャクラのバランスを整えるには、ヨガのポーズがおすすめです。ひとつは「下を向く犬のポーズ」です。このポーズを維持しながら、第三の目に意識を集中させましょう。藍色の光をイメージすると良いですよ。あたまに血流が増えるポーズですのでゆっくり行ってください。

そしてもうひとつのヨガポーズは、鋤のポーズです。あたまが下で足が上にくるので逆転のポーズともいわれるもののひとつです。第1チャクラからエネルギーを下していき、第6チャクラにとどめるように意識をして行います。若返りにも良いポーズといわれています。

さらに体に関してお伝えすると、前髪で第三の目を隠さないことをおすすめします。額がなるべく見えて額の真ん中に風通しが良い方が、第三の目の機能が高まり、活性化につながりますよ。前髪を全部上げると良いですが、できる範囲で試してください。

瞑想で第6チャクラのバランスを整える活性法

瞑想で第6チャクラのバランスを整えることができます。まずは落ち着ける静かな空間に身を置きましょう。自分に集中できる環境な程良いです。そして目を閉じて眉間の上に意識を持っていき、そのままゆったりとした呼吸を繰り返します。

瞑想の最中には、第三の目が開きやすくなり、眉間の上、前方付近に藍色の光のようなものが感じられるかもしれません。また、第三の目の部分がググッと押されるような圧を感じる人もいるでしょう。不快感がなければそのまま続けます。

第三の目は、真実を見ることができ、「心眼」というとイメージしやすいかもしれません。三番目の目は、自分のほうにも向いています。つまり、外側の景色は幻であり、すべての真実は自分の中にあることがわかります。

ものを活用して第6チャクラのバランスを整える活性法

アロマを活用して、第6チャクラのバランスを整えることができます。あたまをスッキリさせて、ビジョンをクリアーにする働きがあり、脳の活性化にも効果的です。ジュニパー、ローズマリー、タイム、フランキンセンス、レモングラスなどです。

 

また、パワーストーンも活用できます。藍色や青紫色の石が、第6チャクラに作用します。直観や透視能力、霊能力にもつながるといわれます。カルサイト、アメジスト、ラピスラズリ、カイヤナイト、スギライトなどがあります。

さらに日常のコーディネイトに、藍色や青紫色の服・アクセサリー・小物を取り入れるのも第6チャクラを活性させます。藍色をじっと見つめていると、その奥のより深い所に吸い込まれていくような不思議な感覚があるかもしれませんね。

まとめ

今回は、ビジョンを司り、人生における本質を見極めるための第6チャクラについてお伝えしました。

第6チャクラには、未来を見る力、外側の形に隠された内側の本質を見る力、そして自分の中にある真実を見る力があるのですね。地球上にはありとあらゆるものがありますが、それが存在している本当の意味を、第6チャクラで知ることができます。

第6チャクラの活性化で、直観や透視などの能力が自然に発達してくることもあります。しかしそれは個人だけの満足を得るためのものではなく、自分と他者の喜びのためにあるものです。その喜びに活用していくほど、あなたにもさらなる至福が流れ込んでくるでしょうね。

第6チャクラで得た情報や判断の上に、想像力・夢・感動を加えていけば、より豊かな人生を手にすることが可能になります。

ますます望む未来の光景を、第6チャクラに思い描いていきましょう。

合わせて読みたい